子宮ガン(子宮頸がんと子宮体がん)の原因と症状

子宮

女性のがんの中では胃がん乳がんについで罹患率の高いがんとされるのが子宮ガンです。

子宮は子宮上部の子宮体と、下部の細くなった子宮頸部に分かれます。

頸部に発症するがんを子宮頸がん、子宮体に発症するがんを子宮体がんと分類されます。

子宮がんの発症率や死亡率は近年減少傾向にあり、子宮体がんの発症率は近年急増しています。

子宮頸がんは20~40歳代の女性に多く発症し、子宮体がんは50~60歳代に多く発症しています。

この子宮体がんは乳がんと同様に、閉経後の肥満が大きく影響していると言われます。

子宮頸がん

一般的なガンは加齢とともに発症例が増加しますが、子宮頸がんは高齢者だけではなく若い世代に多くみられます。

原因

子宮頸がんの原因ヒトパピローマウィルス(HPV)感染によるものと考えられています。

このがん発症の原因ともなるウィルスはヒトパピローマウィルス(HPV)と呼ばれ、100種類以上の型がありますが、その中で15種類、特に16型や18型、58型などが特に危険が高いウィルスであると考えられ高リスク型と呼ばれています。

高リスク型のHPVに感染してから、子宮頸がんを発症するまでに5年~数十年かかるといわれています。

ヒトパピローマウィルス(HPV)は成人女性の半数以上が生涯に一度は感染するとされるありふれたウィルスで、主に性行為により感染します。

子宮頸がんの中で粘膜から発症する扁平上皮がん患者のほとんどがまた腺がん患者の70%がこのウィルスに感染していると考えられています。
 
男性器にあるHPVが性行為で子宮頸部へ感染しますが、発症するのはごく一部で、多くの場合、免疫力によって排除されますが、HPVが排除されずに感染が続いた場合は子宮頸がんへと進行します。

感染を防ぐには性行為の際にコンドームを使うことが有効で、感染例の多いウィルスなので定期的な検査が大切です。

このHPVは感染すると細胞内に進入し、細胞の分裂を抑える遺伝子「Rb」や傷ついた細胞を自滅させがん化を防ぐp53遺伝子のはたらきを止めてしまい、細胞が変化し、無制限に増殖するがんとなってしまいます。

子宮頸がんの種類

子宮頸部の表面は、扁平上皮(膣に近い部分)、腺上皮(子宮体部に近い)の2種類の上皮細胞で覆われています。

子宮頸がんは、上皮細胞から発生する悪性腫瘍です。

扁平上皮細胞ががん化する扁平上皮がんと、粘液を分泌する腺細胞ががん化する腺がんの2つのタイプに分けられ組織型といいます。

扁平上皮がんと、腺がんの両方の性質をもつ腺扁平上皮がんもあります。

子宮頸がんの約80%が扁平上皮がんです。

同じ子宮頸がんでも、組織型によって治療法が異なってくる場合もあり放射線治療では、腺がんより、扁平上皮がんのほうがよく効きくとされます。

また、腺がんはリンパ節に転移しやすいので、扁平上皮がんよりも予後が不良といわれています。

子宮体部を覆う子宮内膜は腺上皮でできているため、子宮体がんのほとんどが腺がんです。

リスクが高い人

  • ヒトパピローマウィルスに感染している人
  • 不特定多数の人と性交渉がある人
  • ヘルペスウィルスに感染している人
  • クラミジアトリコモナスなど性感染症にかかっている人
  • エイズなど免疫力が低下する病気にかかっている人
  • 臓器移植をおこなって免疫抑制剤を使用している人
  • ステロイド剤を服用している人
  • 流産を防ぐ薬剤ジエチルベストロールを使用した人やその子ども
  • 20歳代後半以上の人
  • 家系に子宮頸がんを発症した人がいる人
  • ビタミンAやCが不足している人
  • 喫煙する人

症状

子宮頸がんで初期症状はないことが多く、早期で発見される場合のほとんどが子宮頸がん検診を受けた場合に見つかるとされます。

症状として多くみられる症状は、性器からの出血で、性行為の後や生理以外の時に出血が見られることがあり、おりものの量が増え、ピンクや茶の色がつくこともあります。

子宮頸がんの症状を生理不順の不正出血と考えてしまうケースがあり注意が必用です。

同様の症状は膣炎、子宮内膜炎子宮頸管ポリープ子宮筋腫など良性の病気でもみられます。

がんがさらに進行すると、感染も伴うようになり、おりものがうみのようになって量も増加し悪臭を伴うこともあり、下腹部に痛みや発熱を生じることもあります。

腫瘍が骨盤内の腰の背骨近くの神経を圧迫するようになると、腰や背骨の痛みを感じるようになるようになります。

腫瘍がリンパ節の流れを妨げるようになると、足のむくみも見られるようになります。

膀胱にまで浸潤すると、頻尿、排尿困難、血尿、尿路閉塞などを引き起こします。

直腸へ浸潤した場合、血便、通過障害(腸閉塞)などにもなります。

子宮頸癌の進行期と治療法

進行期進行状態治療法
0期粘膜の一番上にある上皮にだけ癌が発生している状態で、上皮内がんと呼ばれています。子宮全摘出で治癒します。将来的に子供が欲しいという人の場合は、0期なら子宮を摘出せずに子宮頸部の病巣だけを切除する円錐切除術という方法を選択する場合も有ります。
Ⅰ期微小浸潤ガン、初期浸潤ガンと呼ばれ、上皮だけではなく粘膜の奥に浸潤し始めるが周囲には広がっていない状態を指します。浸潤の浅い、Ⅰa期(3mm以内)と深いⅠb期に分類されます。Ⅰa期では子宮とその周囲、リンパ節を摘出し、Ⅰb期では子宮全摘出と膣の一部を切除し、摘出した臓器の進行、リンパ節転移などの程度によって、術後に放射線治療や化学療法を併用する場合があります。
Ⅱ期子宮頸部から膣の三分の二に浸潤しているⅡa期と、子宮周辺の組織まで浸潤しているⅡb期に分けられます。Ⅰb期と同様の処置がなされますが、Ⅱb期ではさらに膣壁を切除します。
Ⅲ期膣壁下部まで浸潤しているⅢa期と骨盤壁まで浸潤しているⅢb期に分けられます。放射線療法が中心になり、放射線が効かないがんの時は骨盤内内臓摘出や抗がん剤投与がなされます。化学療法を行った後に子宮全摘出が行われる場合も有ります。
Ⅳ期膀胱、直腸粘膜にまで浸潤したⅣa期と全身に転移しているⅣb期に分かれます。Ⅳa期では、Ⅲb期と同じ処置がとられますが、Ⅳb期では手術などの措置はとられず、抗がん剤治療と放射線治療がとられます。

検査

細胞診、拡大鏡検査(コルポスコープ)、円錐切除術、CT検査、MRI検査、腫瘍マーカーなどの検査がなされます。

細胞診は、痛みもなく簡単な検査で子宮膣部をヘラなどで細胞を採取して顕微鏡でガンを特定します。

子宮頚管を検査する場合は、綿棒で軽くこすり細胞を採取して子宮膣部同様に調べます。

コルポスコープ診とは、細胞診の結果、更に詳しい検査が必要な時になされます。

コルポスコープとは、膣拡大鏡のことで、これを膣に挿入して、びらんがある部位に酢酸をつけて変化を観察します。

どの部位に異状があるかが分かる為、その部分を切除して組織検査を行います。

自宅でできる子宮けい癌とHPVを検査できる郵送キット

子宮けいがん+HPV(内部展開図)


>>子宮けいがんと原因のHPVウィルスを検査できる郵送検査キットの詳細<<

HPVワクチン

HPVを予防するワクチンは、注射により体内に入ると免疫の作用で体内で抗体をつくり、HPVの感染を防ぎます。

日本で使用されているワクチンは、ハイリスクタイプとされる15種類のHPVの中で、16型と18型という2種類の子宮頸がんの原因とされるウィルスに対して高い予防効果を発揮します。

ただし、摂取する時にHPVを排除していたり既にHPVによる病変がある場合は、予防効果が見込めません。

このウィルスは性行為で感染するので、性感染症の予防措置や、定期的な検査をすることで予防効果を高めることが可能です。

治療

子宮頸がんは、0期からⅣ期まで分類され、0期に入る前には前癌症状が現れます。

子宮口周辺の上皮に変化が起こるもので、この段階で発見され経過観察を行えば心配は無いとされます。

がんの進行度や組織型によって、治療の方法が異なり手術するという方法が一般的な治療法です。

高齢や合併症を併発していて手術ができない場合は、放射線治療を行います。

また、手術後に放射線治療を行うこともあります。

その他には、放射線治療、レーザー治療、凍結療法、高周波療法、化学療法があり、手術法には、円錐切除術、単純子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術、骨盤内臓全摘術、などがあり病状によって治療法が選択されます。

このガンは、治りやすいガンとされていますが早期発見ができた場合に限られ、進行の度合いによって治癒率は下がります。

早期発見のためにも子宮頸ガンの検査をされることをお勧めします。

子宮体がん

 
子宮体がんには、子宮内膜に発生する子宮内膜がんと、子宮の筋肉に発生する子宮肉腫の2種類があります。

またこの筋肉に発症する良性腫瘍が子宮筋腫と呼ばれるものです。

子宮体がんの95%以上は子宮内膜がんとされており、子宮肉腫は子宮体がんの5%を占めるにすぎず、子宮体がんはほとんどの場合、子宮内膜がんをいいます。

子宮内膜に発生したがんは次第に子宮の筋肉に浸潤し子宮頸部(けいぶ)や卵管・卵巣に及んだり、骨盤内や大動脈周囲のリンパ節に転移したりし、進行すると、腹膜・腸・肺・肝臓・骨などに転移します。

子宮体がんは50、60代に最も多く発見されますが、5%は40歳未満で発見されます。

原因

原因ははっきりとは解明されていませんが、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)に長い間さらされるとがん発症リスクが高くなると考えられています。

したがって初潮年齢が低かったり、閉経年齢が高かったり、出産経験がない人や30歳以降に出産した人は発症リスクが高くなります。

その他、肥満の人は閉経後は卵巣からは分泌されないはずのエストロゲンが脂肪細胞から作られるため子宮体がんの発症リスクが高い人です。

エストロゲンは、卵巣から分泌される女性ホルモンの1種で、月経血とともに剥離する子宮内膜の再生と増殖を促す働きがあります。

このエストロゲンに長期間さらされることによる刺激が子宮内膜をガン化させるのではないかと考えられています。

疫学調査で、子宮体がんになった人とならなかった人を比較したところ閉経後の肥満の人(BMI25以上)は、閉経後の普通の人(BMI22以下)と比べて、がんになる危険度が2.5倍高いことがわかりました。

自分でできるBMI自動計算表はコチラ

エストロゲンは子宮内膜を増殖させるようはたらくホルモンですが、一方でプロゲステロン(黄体ホルモン)は子宮内膜の増殖を抑える働きがあります。

排卵の異常などで、プロゲステロンの分泌が減り、エストロゲンのはたらきが強くなりすぎると子宮内膜が異常に増殖して、これが子宮内膜増殖症へとつながります。

これは閉経するとおさまることが多いのですが、まれに発がん性の異型細胞がある子宮内膜異型増殖症に進展することがあります。

この子宮内膜異型増殖症の20%~25%が子宮体がんへ進行するといわれています。

生理不順が多い人はこのプロゲステロンがきちんと分泌されず子宮内膜がきちんとはがれ落ちていない可能性があるので発症リスクが高い人です。

リスクが高い人

子宮体がんは、肥満、糖尿病、高血圧の人がなりやすいとされ、生活習慣病(成人病)の原因が食生活あることからも、不摂生な生活がこのガンのリスクを高めていると考えられます。

子宮体がんになりやすい人は、子宮頸がんになりやすい人とは逆で、妊娠、出産をしなかった人、回数が少なかった人、不妊症だった人だとされます。

妊娠、出産は月経が無いのでエストロゲンの影響を受けることが短く断続的になります。

それに対して、妊娠や出産回数が少ない人は逆にエストロゲンの影響を受けやすくなるためでは無いかと考えられています。

発生率は閉経後の女性に高いとされ、50歳以上の閉経後の女性の発生率が最も高く、次いで60歳以上となっています。

毎月正常に月経がある人や最終出産後は5年間は体がんの発生はあまりないとされます。

症状

性器からの不正出血が90%の患者にみられ、閉経前は月経過多になったり閉経後でも出血がみられたりします。

子宮体がんは、初期からほとんどの人に自覚症状がみられないのが特徴で、自覚症状として現れるのは、不正出血やおりものが水溶性、血性、膿性、悪臭などを伴う事があるようです。

この月経時以外に出血する不正出血は患者の約90%にみられます。

また、出血が少量だと褐色のおりものになることが多いので、おりものの状態にも気を配りましょう。

40代後半~50代という更年期世代は特に注意が必要です。

更年期は、ホルモンのバランスがくずれることから異常な出血が起こりやすいので閉経前後の人が不正出血を閉経後にありがちな生理不順、更年期の症状などと思い込むことで子宮体がんの症状を見落とすことになります。

また、子宮体がんが進行するにしたがって、おりものは黄色から褐色となり、しだいに血がまじるようになります。

さらに感染を伴うとうみのようになって量も増え、悪臭を伴うようになります。

さらに進行してしまうと、下肢の痛みやむくみ、排尿痛または排尿困難直腸障害、性交時痛、件交後出血、貧血などの症状も出てくるようになります。

がんが進行すると、子宮腔内に血液、膿、分泌物、ガンの崩壊物が溜まる子宮溜膿腫となり下腹部痛が起こります。

更に進行すると子宮の収縮によって溜まったものが排出され、陣痛のような下腹部痛が起こり悪寒や発熱を伴います。

やがて膀胱や直腸から離れた臓器に転移して全身転移にまで至ります。

子宮体癌の進行期と治療法

進行期進行状態治療法
0期がんの存在を疑わせるが、決定的とは言えない前癌状態で組織学的には上皮内がんと言う。子宮周囲組織まで広くとることのない単純子宮全摘出術を行う事が多く、出産を希望する人の場合は、内服や注射によるホルモン療法を行う場合が多いとされます。
Ⅰ期がんは子宮体部に限られているが、範囲によりⅠa期、Ⅰb期に分類されます。単純子宮摘出術や骨盤リンパ節をきれいに切除する骨盤リンパ節郭清術が行われます。
Ⅱ期ガンが子宮体部を越え、子宮頸部にまで浸潤している状態。リンパ節を含む子宮周囲の組織までとる広汎子宮全摘出術を行うと同時に子宮体がんが転移しやすい卵巣を摘出するのが一般的とされます。骨盤リンパ節郭清術が行われます。
Ⅲ期がんが子宮の外にまで広がり、膣、卵巣、骨盤内に浸潤している状態。広汎子宮全摘出術、骨盤リンパ節郭清術と、放射線治療、抗がん剤投与、掘るもん療法などが行われます。
Ⅳ期がんが膀胱、直腸の粘膜まで浸潤し、更に他の臓器まで転移している状態。放射線治療、抗がん剤投与が行われる。

検査

子宮内膜から採取した細胞の、顕微鏡による病理学的検査が必要です。

子宮膣内に細い管を挿入して子宮内膜細胞を採取して細胞診が行われます。

この検査で異常が見られた場合は、子宮内膜の組織を専用の器具で吸引して採取し検査します。

ここで子宮体がんと診断されると、進行度を調査するために、X線や、CT、MRIなどの診断装置での検査も行われます。

自宅でできる子宮けい癌とHPVを検査できる郵送キット

子宮けいがん+HPV(内部展開図)


>>子宮けいがんと原因のHPVウィルスを検査できる郵送検査キットの詳細<<

治療

子宮体がんの治療には、手術、放射線、抗がん剤のがん治療の他にホルモン療法がありますが、子宮体がんは、ほとんどが腺がんであり子宮頸がんのように放射線による治療はあまり期待できません。
 
したがってほとんどの場合、手術による病巣部の摘出が中心となり放射線は補助療法として使用されることが多いようです。

骨盤壁にまでガンが浸潤していたり重い合併症があって手術が危険と見られる場合には、放射線療法や抗がん剤投与、ホルモン療法が行われます。

治療後の後遺症

子宮頸がんも体がんも、子宮だけを摘出した場合は、月経が無くなる以外に後遺症はありませんが、両側の卵巣を摘出した場合は、閉経前だと「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いと感じる事も多いようです。

リンパ節郭清術を行った場合は、下肢のむくみや、そけい部にリンパ液がたまり細菌感染症を起こす場合もあるようです。

広汎子宮全摘出を行った場合は、排尿、排便障害を起こしたり、膀胱炎、腎盂腎炎などを起こす事も有ります。

放射線療法では、白血球の減少がみられたり、直腸障害を起こし、下痢、血便、血尿が起こったり、照射を受けた部位が潰瘍になったりすることもあります。

このページの先頭へ