唾液腺ガンの原因と症状

口腔、唾液

良性の腫瘍が多く、ガンは比較的少ないとされます。

唾液腺には、耳下腺、顎下腺、舌下腺があり、腫瘍は、耳下腺、顎下腺の下に多くあるとされます。

一般的には、良性の腫瘍が多くガンは比較的に少ないとされます。

各年齢層にみられ、男女間の発生頻度の差はあまり無いとされます。

症状

耳下腺では、耳の前の部分、顎下腺は、アゴの下に腫れやコブができそうです。

ガンの場合は、痛みを伴ったり腫れが皮膚と固着したりするなどの症状がみられるとされます。

耳下腺ガンでは、顔の麻痺が30~40%に現れます。

検査

視診、触診、超音波検査、アイソトープ検査、唾液腺内の管に造影剤を入れてCT検査などを行ないます。

更に腫れに針を指し、注射器で腫れの中の細胞を採取して細胞を調べる生体検査が行われます。

それでも組織型が判明しない場合は、手術の時に組織を一部切り取り生体検査が行われます。

治療

手術をするのが一般的だとされています。

腫瘍の広がりによっては、顔面神経を犠牲にせざるを得ない場合もあるとされます。

神経縫合や神経移植が行われることが多いとされます。

難しい場合は、二次的に形成美容外科的な再建手術がされることも多いとされます。

原発性ガンでは、再発や転移防止のために放射線治療や化学療法が行われることが多いとされます。

顔面神経麻痺は、美容上大きな問題となり顔面神経が保存できた場合は問題ありませんが切除した場合は神経移植や再建術により改善されることもありますが完治は不可能とされます。

予後

治癒率は、50~60%ですが、顎下腺ガンの場合は30~40%とされます。

自宅でも手軽に唾液腺ガン検査を出来るセットもございます

このページの先頭へ