口腔ガンの原因と症状

口

口腔がんの中では舌ガンの発生頻度が最も高いとされています。

患者は中高年に多いとされますが20代でも発生する可能性が高いとされます。

口腔がんは、喉頭ガンと並び頭頸部ガンの中では多い病気の一つとされます。

発生箇所は多岐にわたりますが、最も多いのが舌ガンとされます。

舌ガンで、最も多く発生するのが舌の側縁部で、次に舌の下面舌の付け根となります。

発生頻度は、40~60歳ですが、20歳代の人にも発生することがあります。

男女比は、約2対1で男性が多い傾向にあるとされます。

症状

小さな潰瘍や硬結から徐々に大きくなっていく型と長い間白い斑の病変があり、そこがガン化する型があるとされます。

小さな潰瘍や硬結が、口腔内の同じ場所に一ヶ月以上にわたってあらわれ大きくなる傾向がある時は、注意する必要があります。

この場合では痛みを伴うことが多いとされます。

肉眼で分類するガンの型としては腫瘍の表面が大きくなって広がる増殖型、潰瘍型、硬結型、潰瘍硬結型などに分類されます。

受診する科

耳鼻咽喉科、頭頸科、口腔外科が適しているとされます。

原因

喫煙と飲酒との相関関係が高いとされます。

また、口腔内を非衛生的な状態にしている場合も相関関係が高まるとされます。

診断

視診と触診が行われ、

ガンの疑いがある場合は、組織を取り出して生検をします。

また、ガンが顎下部のリンパ節に転移する場合もあるので頸部のリンパ節の触診も行われるとされます。

舌や顎部も病巣が深い場合はCTやMRIが使われるとされます。

治療

早期であれば放射線療法で根治するとされ発生箇所や病気の広がりによって治療法は異なるとされています。

自宅でも手軽にガン検査を出来るセットもございます

このページの先頭へ