「肝臓病の種類と基礎知識」の記事一覧

肝臓病の原因と病気の種類

肝臓病の患者

肝臓病とは、肝臓の組織に炎症が起こり、赤く腫れて熱を持った状態のことをいいます。 食べ過ぎによる肥満やアルコールの飲みすぎが原因の脂肪肝は、生活習慣を改善することで治る肝臓病の中では比較的軽い病気です。 肝臓は約3000・・・

ウィルス性肝障害の種類と症状と感染経路の違い

試験管

ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスに感染して、肝臓の細胞が壊れていく病気です。 慢性肝炎ウイルス感染者(B型肝炎、C型肝炎)は日本で300〜370万人いると推測されています。 また、肝炎ウイルスに感染している人は40歳以上・・・

肝機能検査でわかる胆道の病気と甲状腺の病気

調べる研究者

肝機能の検査として、一般には、GOT、GPT、γGTPの3つの数値が重要視されています。 GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)とGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)は、ともに肝細胞内に存在す・・・

肝臓病の検査|血液検査の項目|腫瘍マーカーと肝炎ウィルスマーカー

検査機器 CTスキャン

健康診断の血液検査には、GOT、GPT、γ-GTPなど肝臓の異常を調べる肝機能検査の項目が含まれています。 精密検査が必要との通知を受けてもなかなか病院の受診を受けないケースも多いようです。 肝臓病は自覚症状があらわれに・・・

尿検査・画像診断・肝生検

画像診断

尿検査 尿ビリルビン ビリルビンとは、赤血球中のヘモグロビンが肝臓や脾臓などで壊されたときにできる胆汁色素のことです。 ビリルビンは、肝臓から胆汁に排泄されて、尿に出てくることはありません。 しかし、肝障害や胆道の閉塞な・・・

このページの先頭へ