「骨と血の病気」の記事一覧

血液の病気の症状は、全身の倦怠感、息切れ、体重減少、出血、めまい、発熱などといった症状が主です。

複数の症状が同時に現れた場合は、血液の病気の可能性が高くなります。

骨の疾患の種類は、外傷を除いて、先天性、炎症、腫瘍、代謝性です。先天性疾患は、軟骨無形成症と骨形成不全症を、炎症疾患として骨髄炎を、腫瘍としては骨肉腫、代謝性疾患としてはくる病などがあります。

骨腫瘍の原因と症状

人間の骨

良性腫瘍と悪性腫瘍 骨に生じる腫瘍を骨腫瘍と言い、骨腫瘍の種類には、良性腫瘍、悪性腫瘍、骨腫瘍類似疾患、続発性骨腫瘍があります。 良性腫瘍は、発生した部位で大きくなりますが、他の臓器には転移しません。 悪性腫瘍は、発生し・・・

軟部腫瘍の原因と症状

子供と看護師

軟部腫瘍の種類には、皮下組織、筋肉、筋膜、腱、腱鞘、筋間部、神経などに生じる腫瘍で種類は10種類にも及ぶとされます。 良性腫瘍には、脂肪腫やガングリオンなどがあり悪性腫瘍は約50種類あり、中でも悪性なのが悪性線維組織球腫・・・

急性白血病の原因と症状

白血病の子供と医師

血液中には、赤血球、白血球、血小板という3種類の血球があり、更に、白血球は顆粒球、リンパ球、単球に分類されます。 これらの血球は骨髄で作られ、骨髄の中は全ての血球に分化することができる幹細胞から赤血球の母細胞である前赤芽・・・

慢性白血病の原因と症状

医師による白血病の診察

急に発症する急性白血病に対して、白血球の増加がゆっくり進むのが慢性白血病です。 慢性白血病は、慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病に分類されます。 慢性骨髄性白血病 白血球の増加と脾臓の腫大があり異常な染色体を持った細胞・・・

悪性リンパ腫の原因と症状

化学療法

悪性リンパ腫とは血液細胞のリンパ球ががん化して、腫瘤となったもので全身のリンパ組織に発生します。 リンパ球は外部からの異物を監視し排除するという免疫機能を担う白血球の一種です。 リンパ節は多数のリンパ球が集まったもので、・・・

このページの先頭へ