「皮膚・泌尿器・性別の病気」の記事一覧

乳ガンの原因と症状

女性の胸 乳

乳がんは乳腺に発生するガンで非浸潤ガンと浸潤ガンに大別されます。 非浸潤ガンは、ガン細胞が上皮内にとどまっているガンで他に転移しませんが、浸潤ガンは一定の大きさを超えると上皮を破って血管やリンパ管に入り体のあちらこちらに・・・

膀胱がんの原因と症状

錠剤とビン

50歳以上の男性に多いガンとされ、20歳未満の発生は稀とされ、男性は女性の4倍程度の発生頻度とされます。 膀胱がんは、膀胱の内側の粘膜に発生する悪性の腫瘍で泌尿器では最も多くみられるガンとされます。 日本での発生率は、1・・・

前立腺ガンの原因と症状

前立腺

前立腺は膀胱の出口、尿道の始まりの部分を取り囲んでいる臓器です。 前立腺の後ろは直腸と接しているので肛門から指を挿入すると簡単に触れることができます。 形は約3cm程度のくるみ大の大きさで重さは15g前後とされています。・・・

卵巣ガンと卵管ガンの原因と症状

卵巣

卵巣ガンの原因と症状 卵巣ガンは卵巣に発生する悪性腫瘍で女性性器ガンの2割を占めます。 卵巣から発生する腫瘍の種類は、一番多く性質によって、良性腫瘍、境界悪性腫瘍、悪性腫瘍の3つに分類されます。 境界性悪性腫瘍とは、必ず・・・

外陰ガン|膣ガンの原因と症状

抗がん剤

外陰ガン 外陰部に発生するガンで、女性器ガンの1~6%を占め60歳以上の人に多く見られるとされ、60歳代~70歳代の女性に多いのが特徴で40歳以下の発生率は低くなっています。 発生しやすい部位は、大陰唇、前後陰唇交連、陰・・・

絨毛ガンの原因と症状|分娩を期に発生する悪性の癌

化学療法

子宮に発生するガンの中では最も悪性の癌とされ、原因は不明とされますが、大部分が妊娠と関係していると考えられています。 胎盤とは受精によって子宮内に形成され、この胎盤は絨毛という組織があつまりできています。 この絨毛のいち・・・

皮膚ガンの原因と症状

皮膚のアップ

皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織で構成され表皮の90%以上を角化細胞が占めます。 表皮は外側から角化層、透明層(手のひら、足の裏の皮膚にのみ見られる)顆粒層、有棘細胞層、基底細胞層に分けることができます。 基底層で新・・・

このページの先頭へ