「小腸の病気」の記事一覧

腸閉塞の原因と症状

笑顔の医師

腸の一部がねじれたりつまったりして、食べ物などの腸の内容物が先に進まなくなる病気です。 口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。 腸閉塞とは、腸管がふさがり、腸の内容・・・

急性腸炎と慢性腸炎

体温を測る医師

吸収と排泄という大事な腸の働きが乱れてしまうことがあります。 それが腸炎といわれるもので、腸の粘膜に炎症が起きた状態をいい、症状としては、腹痛と下痢が挙げられます。 急性腸炎 消化の悪いものを大量に食べた時や腐ったものな・・・

麻痺性腸狭窄|閉鎖性腸狭窄

触診する医師

腸管が狭くなり物を通しにくくなった状態で、大腸癌(がん)・腸結核・腸癒着などによって起こるとされ、進行して腸閉塞になるものも少なくないので注意が必要です。 機械的腸閉塞 土管にゴミがつまったように物理的な原因で腸の通り道・・・

腸管寄生虫について

医療手袋と医師

糞便たい肥が野菜に使用されなくなったことや衛生状態が改善されたことで戦後回虫は激減しました。 しかし、近年サラダなどの生野菜を食べる機会が増えたことや無農薬野菜の普及とあいまって再び猛威をふるい始めたことが注目されていま・・・

このページの先頭へ