肝硬変の原因と症状

点滴

肝硬変とは、様々な原因によって生じた慢性肝炎の終末像でり、肝病変は一般に元にはもどらないとされます。

びまん性の肝細胞の壊死と炎症、再生が繰り返し起こり、その場所に高度の線維が増生した結果、肝臓が小さく、かつ硬くなる病気を指します。

主な原因

アルコールやウィルス、薬物などによって慢性的に肝臓の一部が破壊され破壊された肝細胞が再生される時にコラーゲンという繊維成分がつくられ補修します。

この繊維状の物質が増えると、もともとやわらかく、滑らかだった肝臓の各所に繊維成分の区画ができ肝臓は弾力を失い、変形し硬くなってしまいます。

肝臓がかなく変化し肝臓の働きも低下してしますが、これが肝硬変です。

日本人の肝硬変患者の原因は、肝炎ウィルスによるものが最も多くC型慢性肝炎がさらに肝硬変に進行するケースが多いとされています。

肝硬変に一度なってしまうと肝細胞の性質が変わってしまい肝臓への血流が悪くなり正常な機能をいじすることも難しくなります。

症状

ゆっくりと進行するため、ある時期までは無症状で経過することが多いとされています。

自覚症状としては、疲れやす、だるい、食欲不振吐き気、腹部膨満感、便秘下痢などがありますが、これらの症状は肝硬変特有のものではないため気づかれずに肝機機能検査によって発見されることが多いようです。

わかりやすい肝硬変の症状として黄疸や腹水などがあります。

統計的には、肝硬変の方の約半数に黄疸が見られ黄疸が見られた時には肝臓の破壊が進んでいるそうです。

また、腹水は水分が血管からにじみ出て腹腔にたまるもので肝硬変を診断する上で重要なポイントです。

その他、手のひらの特に親指付け根の盛り上がった部分に、まだらな赤みが見られたり、前胸部や首、腕、方など上半身の皮膚に細い血管の拡張がみられます。

男性の乳房が女性のようにふくらんできたり腋毛や陰毛の脱落、食欲減退、女性は無月経などがあげられます。

主な診断方法

肝機能や血液凝固因子の異常などを調べる血液検査で診断が出来るとされています。

腹腔鏡で肝臓を直接観察する診断肝臓の組織の一部を採取し肝生検査行えば更に詳しい状況を調べることも可能です。

治療法

黄疸や腹水などがある場合は、入院し絶対安静の状態となります。

このような症状が無い場合は、過労を避け、疲れたらすぐに休める環境を整える必要があり、また、食後も2時間ほど安静を保ちます。

現在、肝硬変を確実に治療する薬はなく治療の中心は食事療法となります。

食事は、高蛋白、高カロリー、高ビタミン食が原則で総カロリーが2000kcal~3000kcal摂取が1日の目安となります。

肥満症や糖尿病の人はこの通りでは無いので医師の指示に従わなければなりません。

合併症

肝硬変が進み肝機能が低下すると様々な合併症が現れます。

代謝力や解毒作用が弱まるとアンモニアが血液から脳に回り肝性脳症という意識障害を起こします。

また、食道静脈瘤が破裂して大出血が出るケースもございます。

肝硬変の方の約半数が肝臓がんを併発しているというデータが有り両者には密接な関係があることが指摘されています。

このページの先頭へ