胃アトニーの原因と症状

巡回する医師

アトニーとは、胃の筋力の緊張が消失又は衰弱した状態を指します。

食事をすると胃がふくれて膨満感と圧重感を感じ、苦痛がほとんど無いのが特徴で、食欲不振の原因になります。

胃アトニーとは胃が伸びきった風船のように緊張が無くなった状態です。

胃弛緩症や胃の緊張低下症とも呼ばれ伸びきったゴム風船のように胃がだらんと弛緩して弛んでしまった状態は胃アトニーと言います。

胃は、食べた物を胃液と撹拌したり、十二指腸へ送り出すぜん動運動をしていますが弛緩して緊張を失った胃ではこの働きを十分にこなすことが出来ません。

胃の内容物が上手く十二指腸へ流れて行かないために胃もたれや胸やけ、食欲不振などの症状が出やすくなります。

胃アトニーは体質的な遺伝によることが多く体の線が細く、痩せ気味で、顔色も青白い人に多いとされています。

このタイプでは、下垂体質と呼ばれ、胃や大腸胆嚢、腎臓、子宮など他の臓器も下垂している可能性が高いとされています。

全身の筋力が弱いために内臓を支えることが出来ないことが原因とされます。

各臓器の働きが弱いために、便秘、冷え性、頭痛、肩こり、めまい、腰痛など様々な症状が出やすいとされます。

体質的に自律神経の働きも不安定であることが考えれれています。

神経質のタイプであることが多く精神的な影響も受けて胃腸の働きを悪化させるケースもあるようです。

また、血圧が低めで高血圧になりにくいことから胃腸が弱いことから栄養の摂り過ぎから起こる糖尿病や動脈硬化脳卒中や心筋梗塞で倒れる可能性が低いことでも知られています。

ハンデはありますが、長生きの方が多いのが特徴です。

胃アトニーの体質で起こる胃の症状は食事の工夫や運動などで鍛えることで症状の改善が見込めることが多いとされます。

このページの先頭へ