腫瘍マーカーCA125

相談する男女医師

腫瘍マーカーCA125とは

CA125は糖蛋白くの一種で、正常な子宮内膜、卵巣のう胞、卵管など産生され、卵巣がんがあると大量に産生されるようなり血液中の数値も上昇するので、CA125は卵巣がん、子宮がんに特異な反応を示す腫瘍マーカーとして利用されています。

CA125が上昇するガンとして卵巣がん以外には、子宮体がん卵管がん、子宮頚部腺がん、子宮肉腫などが知られています。

特に卵巣癌で陽性率が高く特異的であり、健常者及び良性疾患での陽性率は低い為ので卵巣癌のマーカーとして有用です。

また、この腫瘍マーカーの数値が上昇するものとしてその他に、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍などの良性疾患で高くなることが知られています。

その他、月経妊娠などホルモンの変動により、CA125の測定値は変動することが知られています。

また、CA125は子宮内膜にも存在することから、子宮内膜症の診断の補助や治療効果の判定、経過観察としても用いられています。

CA125測定の有用性

卵巣癌は自覚症状が現れにくく、の早期診断は比較的困難ですが、CA125を調べると早期から高い確率で陽性になります。

CA125でわかる病変

卵巣がん、子宮体がん、卵管がん、子宮頚部腺がん

CA125は、卵巣がんや子宮内膜症以外にも頻度は下がりますが、その他のがん(乳がん膵臓がん肺がん大腸がん、子宮がん、肺がん、すい臓がんなど)でも高値を示すことがあります。

ガン(癌)の種類と症状

癌以外の疾患では、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍、骨盤内炎症性疾患、子宮筋腫、肝硬変、腹膜炎、急性膵炎でも上昇します。

また、健常者の腹膜や胸膜などにも存在することから、これらの良性疾患でも高値を示すことがあります。

CA125の基準値

35.0ng / ml 以下

35U/ml以下が基準値となりますが、女性の場合は高い傾向があり、月経期にはこの数値を超えることもよくあります。

閉経前の女性は、閉経後の女性や男性よりも高い平均値となり、基準値内の変動にとどまります。

CA125は妊娠初期や月経時・閉経前などに一過性の上昇がみられ妊娠初期には陽性になることもあります。

検査する際、こうした状態にある場合には、採血日を変更しないと正確な測定値を得ることができません。

100U/ml以上であれば、がんの存在が疑われ、500U/mlを超えていれば、卵巣がんの確率が極めて高くなります。

CA125の数値が異常を示した場合

このCA125は子宮内膜症でも高値を示すことが多いため、一般的に子宮内膜症では50~75%の方でCA125が陽性になるといわれています。

子宮内膜症では高くても150IU/ml程度までの上昇にとどまることがほとんどですが、まれに500IU/ml以上を示す場合もあり、こういう場合には卵巣癌との鑑別が大切になってきます。

CA125は子宮内膜症の治療効果も反映し、治療により内膜症病変が縮小するとCA125も正常範囲内にまで減少して来ることが多いようです。

数値が高いと、婦人科系疾患、特に卵巣がんの発症を推定されることから、経膣超音波やCT・MRI、そのほかの腫瘍マーカー検査の結果を勘案する必要があります。

卵巣がんの疑いがある場合には、胎盤内超音波検査、CT検査といった画像検査を併用して総合的に判断されます。

Banner250_250_A (1)

このページの先頭へ