腫瘍マーカーp53抗体(早期発見に有効な腫瘍マーカー)

試験管とスポイドの研究開発

p53抗体とは

がん細胞はひとたび発生すると猛烈は早さで増殖しますが、免疫ががん細胞の増殖を抑えています。

p53蛋白質は遺伝子の異常から生体を守る機能を担っており、遺伝子の修復や細胞周期の制御、などの機能を有する癌の抑制遺伝子とされてます。

人体に癌ができるとp53 遺伝子の変異が認められ、p53遺伝子自体に突然変異が生じると、p53蛋白質の機能が欠損し腫瘍の発生が起こるのです。

がん細胞におけるp53遺伝子の変異は、大腸・乳腺・肺・脳・食道などの腫瘍においてp53遺伝子が突然変異を起こすことが確認されるのです。

p53蛋白質に対する自己抗体(p53抗体)は、がんをもつ患者の血清に見られることがわかり、p53抗体が発生した時はp53遺伝子の変異があると認識されています。

つまり、p53遺伝子に突然変異が生じることにより変異p53蛋白質が細胞核内に蓄積することが、この腫瘍マーカーにより癌を検査するメカニズムなのです。

がん化の初期に様々な臓器でp53遺伝子の突然変異は起こることから、p53抗体の出現を検出することにより早期がんの診断が可能になることが考えられます。

p53抗体の測定の有用性

従来の腫瘍マーカーは、早期のがんでは陰性であることがありましたが、p53抗体は微量のがん細胞であっても検出できる可能性が高いことが特徴です。

早期の段階から陽性となることや、従来の腫瘍マーカーとの重複が少ないことで有用性が高いと考えられます。

また、がんの早期発見に有効とされるPET検査がありますが、この検査ではといわれていますが、がん細胞が1cmの大きさになるまで判らず、補足されない期間は約5~20年といわれています。

PET検査は、がんを検査する方法の一つで、「PET」とは「陽電子放射断層撮影」という意味です。

p53抗体はがんの早期発見に有効

2007年11月、新早期がんマーカー「p53抗体検査」が厚生労働省より保険適用認可となりました。

厚生労働省も、根治のできる可能性の高い段階での発見ができるとし、従来の方針から転じ、他の腫瘍マーカーとの組合せ検査を推奨しています。

実際の臨床事例においても、各ステージの陽性率の重なりが少なく、従来の腫瘍マーカーの欠点である早期ステージの感度を補っているとされます。

偽陽性率が低い

この腫瘍マーカーの最大の特徴は、擬陽性率が低いので早期がんの検査に力を発揮します。

p53抗体は遺伝子変異が原因の測定法なので、がん以外病変では反応しにくいため判定の精度が向上します。

p53抗体でわかる病変

食道がん肺がん乳がん肝臓がん子宮がんなど様々ながんに反応

p53抗体の基準値

1.3U / ml 以下

ガンの早期発見に有効な腫瘍マーカーp53抗体を自分で検査できる血液検査キット

このページの先頭へ