ペプシンーゲン検査・胃がんの早期発見に有効

注射器

ペプシノーゲンとは

ペプシノーゲンとは、粘膜から分泌されるペプシンの蛋白分解酵素の前駆物質のことで、血清中に含まれ、胃のどの辺りで分泌されるかにより、ペプシノーゲンⅠとⅡに分類されます。

ペプシノーゲンⅠは胃酸の分泌する胃底腺領域に限局しており、ペプシノーゲンⅡは、胃 酸分泌領域およびガストリン分泌領域にまたがって広くみられます。

ペプシノーゲンⅠ(PGⅠ)とペプシノーゲンⅡ(PGⅡ)に大別され、PGⅠは主として胃底腺の主細胞より分泌され、PGⅡは胃底腺の他に噴門腺、幽門腺、十二指腸腺に存在し、両者とも血中に存在しています。

胃粘膜の萎縮が 進むにつれ、胃底腺領域が縮小していくためPGⅠの量やPGⅠとPGⅡの比率が減少します。

血液中のペプシノーゲンのⅡに対するⅠの割合を調べると、胃粘膜の萎縮の広がりとその程度、胃液の分泌機能、胃粘膜の炎症の有無が分かるほか、胃がんのスクリーニング検査として有用です。

胃癌が直接分かる血液検査ではないのですが、胃ガンになるリスクが高いかどうか(胃ガンになりやすいかどうか)を的確に判断することができます。

血液検査による胃がん検診とも呼ばれて、ピロリ菌に感染していると高値を示し、除菌されると正常値(Ⅰ値70以上、かつⅠ/Ⅱ比3以上)になるので、除菌治療の効果を判定するのに役立つと期待されています。

ただ、ペプシノーゲンⅠ/Ⅱ比にも欠点はあり、萎縮と関係なく発症する未分化型腺がんや、間接X線法では容易に診断できる進行がんが逆に見逃されると言われています。

そこで近年では、ペプシノーゲンⅠ/Ⅱ比でスクリーニング(ふるいわけ)を行ない、陽性になった人は上部消化管内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)による精密検査を受け、陰性者は従来の胃X線検査を受けるという方法が最適であると考えられています。

胃ガンとペプシノーゲン

胃はピロリ菌(胃潰瘍、胃ガンの原因菌)感染や加齢によって、胃の粘膜が薄くなる萎縮(いしゅく)を起こします。

胃ガンは、胃は萎縮の無い健康な胃よりも遙かに萎縮した胃に出来やすい事が分かっており、萎縮の有無が胃がんになりやすさと関係が有り、この萎縮が有るか無いかを調べるのがペプシノーゲン検査です。

ペプシノーゲン検査陽性が胃がんで有ることを示すわけではないので過度に心配する必要はありませんが、結果が陽性であればさらに詳しく胃カメラ(胃内視鏡検査)などの精密検査を受けて胃がんの早期発見に努めることが大切なのです。

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)

幼少時に人に感染し、胃に住みつき、慢性胃炎を引き起こし、胃癌、委縮性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病など様々な病気の引き起こす可能性が有ります。

ピロリ菌の詳しい解説

ペプシノーゲンの検査方法

血液を数cc採取するだけの非常に簡便な検査で、採血した血液を測定用キットで調べます。

胃や十二指腸の疾患が強く疑われる症状(みぞおちの痛み、嘔吐、血便、体重減少など)では、この検査を受けずに、最初から上部消化管内視鏡検査などの精密検査を受けた方がよいでしょう。

また、胃酸分泌抑制剤の中で、プロトンポンプ阻害剤を内服中の人は、ペプシノーゲンが高値になりますので、この検査は適していません。

ペプシノーゲン法をスクリーニングに使用すれば、血液検査のみで胃の萎縮の進行している人、すなわち胃癌発生の危険のある人を絞り込めるわけです。

幾つかの自治体ではすでに胃癌検診に血清ペプシノーゲン法を取り入れられ、その結果間接X線法に匹敵する胃癌発見率があり、さらに早期胃癌の割合が高かったと報告されています。

自宅でできるピロリ菌+ペプシノーゲン(胃がんABC)検査キットの詳細

陰性と陽性の判定基準

検査の数値によって、陰性・陽性は次のように分類されます。

陰性…Ⅰ値70以上かつⅠ/Ⅱ比が3以上。

陽性…Ⅰ値70未満かつⅠ/Ⅱ比が3未満。

中等度陽性…Ⅰ値50未満かつⅠ/Ⅱ比が3未満。

強陽性…Ⅰ値30未満かつⅠ/Ⅱ比が2未満。

検査結果の判定

陽性であれば胃粘膜に萎縮があると考えられ、萎縮性胃炎、胃がんが疑われます。

ただ、この検査だけで、胃がんと判定することはできないので、胃X線検査や上部消化管内視鏡検査などの画像診断との併用が基本になります。

一方、陰性でその数値が高い場合には、胃液の分泌が多いと考えられ、胃炎や胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌の感染が疑われます。

異常な場合に疑われる病気

胃がん、萎縮性胃炎、ピロリ菌感染、胃・十二指腸潰瘍など

ABC検診とは

判定区分ピロリ菌ペプシノーゲン
正常A陰性陰性
異常B陽性陰性
異常C陽性陽性
異常D陰性陽性
A群 :胃は正常で、胃癌発症の可能性は極めて低いとされます。

B群 :胃癌発症のリスクがあり、胃潰瘍にも注意が必要です。最低3年に1回の胃内視鏡をしましょう。

C群 :胃癌発症のリスクが高いので、最低2年に1回の胃内視鏡が必要です。

D群 :胃癌発症のリスクが極めて高く、毎年胃内視鏡が必要です。

ピロリ菌抗体検査とペプシノゲン検査を組み合わせ胃癌危険度を診断し、異常のある人に効率的に精密検査(胃内視鏡)を勧奨する検診です。

従来の遂年X線検診より効率的であり、また受検者が自分の胃癌危険度を自覚出来るすぐれた方法です。

血液中のペプシノーゲンのⅡに対するⅠの割合を調べると、胃粘膜の萎縮の広がりとその程度、胃液の分泌機能、胃粘膜の炎症の有無が分かるほか、胃がんのスクリーニング検査として有用であることが明らかとなり、注目されています。

また、ピロリ菌に感染していると高値を示し、除菌されると正常値(Ⅰ値70以上、かつⅠ/Ⅱ比3以上)になるので、除菌治療の効果を判定するのに役立つと期待されています。

このページの先頭へ