腫瘍マーカーCEA

CEAを患者に説明する医者

腫瘍マーカーCEA(癌胎児性抗原)とは

CEAは、腫瘍マーカーの中でも代表的なもので、胎児が成長する時期に産生されるたんぱく質の一種で、医学的には癌胎児性抗原と呼ばれています。

また、このタンパク質は人の大腸癌の中に認められる蛋白で、癌胎児蛋白とも呼ばれています。

消化器官を中心に、がん細胞が増殖している組織内から作り出され血液中で検出されますが、消化器癌以外の乳癌、肺癌、膀胱癌、前立腺癌、卵巣癌などでも検出される汎用性の高い腫瘍マーカーです。

CEAの測定の有用性

癌疾患のスクリーニングの診断のために、他の検査法と併用されたり、癌疾患の経過観察や治療効果の判定に使用されます。

特に予後の経過観察では力を発揮し、がんの根治が性交した場合は、CEA値は明確に低下すします。

転移性肝癌の診断にも利用され、AFPと組み合わせることにより、AFPが高値の場合原発性肝癌、CEAが高値の場合は転移性肝癌となります。

CEAでわかる病変

CEAが主に反応する病気:食道がん胃がん大腸がん肺がん乳がん肝臓がん甲状腺がん、卵巣癌、子宮癌

ガン(癌)の種類と症状

その他、急性・慢性肝炎、肝硬変、閉塞性黄疸、潰瘍性大腸炎、萎縮性炎、糖尿病、腎不全などで軽度の上昇が見られることがあります。

CEAの基準値

基準値: 5.0以下(ng/mL) 所要日数: 2~4 日

CEAの値は5.0ng/ml以下がCEAの基準値とされ、基準値の数値が2倍以上になると消化器系のがんの可能性があり基準値の4倍以上では転移がんが疑われます。

しかし、肺、腎臓、気管支、甲状腺など、別の臓器の疾患や胃潰瘍など消化器系の別の疾患のケースもあります。

喫煙者、糖尿病患者では、癌では無い人でもCEAの基準値を超える場合が有ります。

CEAの数値が異常を示した場合

CEAが基準値を超えている場合、体内に癌がある可能性が高いので、血液検査やX線造影、超音波、CTなどの精密検査などにより確定診断をします。

しかし、癌では無い方でもCEAが高い値を示す事もあり、1~2ヶ月後に再検査を行い変動がなければ、CEAが基準値より高値でも癌では無いこともあるようです。

一方で数値の再上昇がありCEAが基準値より高値の場合は、腹部超音波検査や腹部CTなどの精密検査が必要です。

喫煙の影響で基準値を上回る可能性

喫煙はCEAの数値に影響を与え、喫煙によりCEAの数値が20 ng/ml程度までは上昇すし正確な検査が難しく、特に長期喫煙者では正常値上限の2倍位になるので検査前の喫煙は控えましょう。

CEAが偽陽性をします場合もある

偽陽性とは癌以外の原因で腫瘍マーカーが陽性になることを差します。

CEAは、ガン以外でも急性・慢性肝炎、肝硬変、閉塞性黄疸、潰瘍性大腸炎、萎縮性胃炎、糖尿病、腎不全などで軽度の上昇が見られることがあり、CEAの偽陽性といいます。

特に糖尿病患者でも上昇しますが、これは、一般的に糖尿病の患者では糖タンパクがそもそも多い傾向が認められ、CEAだけでなく糖タンパクは高い傾向にあるようです。

あるいは糖尿病では背景に慢性膵炎が認められる場合があるので、これが関係している可能性もあります。

Banner250_250_A (1)

このページの先頭へ