月経前の便秘の原因|生理の時に女性はなりやすいのは何故か?

日本人女性のおよそ5割の女性が便秘に悩んでいるとされます。

人様々に排便のサイクルがあるためどのような人が便秘か?という事が気になりますが便秘に明確は定義はありませんが、共通認識として、1週間1度も便が出ないとなると便秘だと言われています。

更に、1週間以上便が出ないようであれば、ひどい便秘であると考えるべきです。

また、最近では安易な下剤の使用から下剤依存に陥っている人が増加傾向にあるようです。

便秘で悩む女性

女性が便秘になりやすい原因は、思春期以降に活発になる女性ホルモンが大きく影響しています。

女性は、1ヶ月のサイクルで、排卵月経を繰り返し、この作用をコントロールするホルモンが分泌されます。

月経から排卵までの期間は、卵胞ホルモン、排卵から月経までの期間は黄体ホルモンです。

この黄体ホルモンが作用すると女性に多く見られる月経前症候群という様々な症状があらわれます。

これは、月経開始前の一週間前から頭痛、腰痛、乳房の張り、イライラなど様々な不快症状が出現する症状を言います。

この原因は、まだわかっていませんがホルモンバランスの変化と関係があるとされています。

女性とホルモンに関する詳しい解説はコチラ

この黄体ホルモンが大量に分泌される事により消化管運動が抑制され便秘の引き金になっているのではないかと言われています。

黄体ホルモンとは、卵巣の黄体から分泌されるホルモンで、妊娠時や妊娠中期以降になると、胎盤からも分泌されるホルモンです。

黄体ホルモンの主な働きは、女性の体、特に子宮を妊娠の準備をするように変化させたり、月経周期を決めて、もし妊娠が起こった場合には、出産までの間、妊娠を維持させる役目を果たすことなどであるとされています。

生理が始める前の数日間便秘気味だったのが生理直前から快調になったりというのはこれが原因です。

また、女性の場合は子宮に筋腫という良性の腫瘍ができる子宮筋腫や卵巣に漿液や内皮細胞が迷入した嚢腫ができる卵巣嚢腫など女性特有の病気が原因となる場合があるのでこれらの病気の不安がある場合は専門の医師の診断を受けることをおすすめします。

女性には男性と異なる体の部分や構造を持っており、妊娠や出産にかかわる体の構造は男性に比べると複雑でデリケートです。

それにも関わらず自分の体に無知であったり、無頓着であると対処法を謝るケースもございます。

自分で自分の体を守り一生を健康に過ごすためにも女性の体に対する知識を深めることが大切です。


このページの先頭へ