赤ちゃんのうんち | 幼児の下痢や便秘

笑う赤ちゃん

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんは水のようなウンチをしていますが、離乳食が始まる頃からうんちが硬くなります。

毎日便が出ることが理想的ですが、2、3日出ない人もいれば、毎日出ないと体調や気分が悪くなる人もいます。

赤ちゃんは自分の体調を伝えることも対処も自分ではできないから、お母さんがケアをしなくてはいけません。

機嫌がよくない、くずるような時便秘のときは、おなかが苦しかったり気持ち悪かったりして、赤ちゃんも機嫌が悪くなりがちです。

病気でもないのに機嫌が悪かったり苦しそうにしていたら、便秘の可能性も考えてみましょう。

また、食欲が無いうんちが出ずおなかにたまっている時も注意しましょう!

おなかが張っている時もうんちがたまっている可能性があるので注意しましょう。

その不快感もあって食欲がなくなってしまう子もいるようです。

そうなると便秘がかなり悪化している場合もあるので、早めの対策をお勧めします。

便はおなかに長くとどまるほど、かたくなる傾向があり、排便時、肛門周辺を傷つけることも考えられます。

赤ちゃんがうんちのたびに大泣き、というような場合、うんちがかたくなりすぎているのかもしれません。

おなかの張りは、気持ち悪さや食欲不振にもつながるので、注意しましょう!

赤ちゃんの便秘の原因

食事

授乳や食事の量が規則的でないことによる生活習慣の乱れや、離乳食が始まったときに、授乳の時より水分が不足していることながあります。

運動不足

赤ちゃんは自分で運動できないので、腸の動きが活発にならないことがあります。

生活習慣

おむつかぶれや切れ痔によっておしりに痛みを感じます。

そうすると赤ちゃんがいきむことを我慢してしまって便秘になる可能性があります。

また、不意のウンチを叱られたことで心理的にウンチを我慢してしまうケースもあるようです。

赤ちゃんの便秘の解消法

赤ちゃんとお母さん

授乳も離乳食も、生活のリズムのなかで規則正しくすることを心がけましょう。

水分をたっぷりと、食物繊維の多いものを増やしオリゴ糖善玉菌など腸内環境に良い食品も選びましょう!

おしりまわりの痛みで赤ちゃんがウンチを我慢しないよう、おむつかぶれしないようなケアをしましょう。

赤ちゃんはいつもママの顔色を見ています、おむつ替えのときや、お風呂のときに赤ちゃんが不意のウンチをしても、叱ったりママが不機嫌になったりしないようにしょましょう。

赤ちゃんの症状に合った食事や離乳食を用意してあげましょう!

赤ちゃんの下痢

下痢とは、体のなかに入ってきた異物(細菌やウィルス)を外に出すための身体の「正常な」反応です。

下痢止めを使って無理に下痢を止めてしまうと、それらが出す毒素などが体内に長い間とどまってしまい、かえって経過が長引いたり、悪化したりします。

特に子どもの場合、安易に下痢止めを飲ませることはやめて、水分補給をしっかりと行い、ゆっくり休ませることで様子をみたほうがよいでしょう。

赤ちゃんが下痢のときの食事と離乳食

下痢というのは腸が病気でまいっているのですから、腸を休ませてやる必要があるのです。

つまり、食事を控える必要があります。

栄養分の多いものは、腸に負担がかかりますので栄養価の少ないもので過ごしましょう。

下痢の時に避けた方がよい食べ物

乳製品(ヨーグルト、乳酸菌飲料、牛乳、ミルクなど)

卵製品(プリン、カステラ、卵焼きなど

油、脂肪分を含むもの(シチュー、ラーメン、バターなど)

柑橘系、オレンジジュースなど

食事ができるようになったら

基本的に「消化のよいもの」をあたえていきます。

即エネルギーとなる炭水化物を中心に少しずつあげると良いとされます。

例えば、おかゆ、やわらかく煮たうどん、雑炊などが良いでしょう。

豆腐、白身の魚をよく煮たもの、野菜の煮つぶし(にんじんやかぼちゃなど)

便と同じかたさくらいの食事を目安にしてください。

例えば、水のような便のときは、水分補給が中心でドロッとしてきたら、ドロッとした おかゆやくずゆなどが良いとされます。

このページの先頭へ