便(うんち)の色と健康

便の色チャート

便(うんち)の色

排便行為は人間の生理現象なので、普段便についてあまり意識をすることは無いかもしれません。

体調が悪い時には、あれ?「うんちの色が変?」「いつもより硬い」など気づくこともあるでしょう。

そこで、本項では便(うんち)の色と健康をテーマとして色と健康のかんけいについて解説していきたいと思います。

便の色は健康な時は黄土色をしていますが、実はこの色は胆汁の色なのです。

胆汁は肝臓の肝細胞で常に生成される黄褐色のアルカリ性の液体で、口から食物を摂取すると十二指腸で排出されますが、この胆汁の色が便の色になるのです。

この胆汁の色は、ビリルビンと呼ばれる色素で赤血球のヘモグロビンが寿命を全うし肝臓で分解されたものがこのビリルビンと言う物質なのです。

このように、便の色は肝臓などの体内の状態を反映しているので、色をチェックする事で健康上の問題を早期に発見する事ができるのです。

便(うんち)の色が黄土色~茶褐色

黄土色~茶褐色の範囲の色は健康な色で、この色のうんちが出ている時は問題ありません。

栄養が多い時は濃い色(茶褐色)で少ない時は色が薄くなります。

濃い茶褐色で便が硬い場合は、滞留時間が長く水分が余分に吸収され便秘の可能性があります。

便(うんち)の色が白色~灰色

白色になる場合は、消化に問題があるか病気である可能性があります。

通常であれば胆汁により便の色がつきますが、胆汁の分泌などに問題が起こっている可能性があります。

消化の問題

消化不良

油が多い物を食べたり消化が悪い物を食べたりして、消化が間に合わなくなった時に消化不良になる場合があります。

消化不良の時に、うんちの色が白くなる場合があります。

栄養不足

栄養が不足すると胆汁が正常に作れなくなる場合があります。

栄養不足でも便の色が白くなる場合がります。

の検診で飲んだバリウムが排出された

健康診断などで胃のレントゲンをとるときに造影剤としてバリウムを飲みます。

胃の検診で飲んだバリウムが排出される場合がありますが、このバリウムは色が白いので排出された時に便が白くなります。

可能性のある病気

また、下記の疾患の場合も便が白くなるので思い当たるふしが無い場合は病院で診察を受けましょう。

・ウィルス感染
・急性肝炎
・胆石症
・先天性胆管拡張症
・胆管がん
・膵がん

以上のように内分泌系に重篤な疾患がある可能性があります。

便(うんち)の色が緑色

便が緑色になる時がありますが、緑便と呼ばれる状態のうんちでこれは比較的良く見られる症状です。

多くは胆汁の酸化によって引き起こされますが、黄疸、溶血性貧血、腸炎でも同様に便が緑色になるので注意しましょう。

特に赤ちゃんによく見られる症状で母親がおむつを替える時に驚いてしまうことが多いようです。

胆汁の酸化

うんちの色は、通常では黄土色、茶褐色でこれは胆汁の色です。

胆汁の色の素はビリルビンという物質ですが、ビリルビンは、空気に触れると酸化し緑色に変化します。

ビリルビンは、十二指腸で分泌されて、小腸を通り大腸で体内に再吸収されますが、腸が弱ってると再吸収の量が減り、便の中に通常より多量のビリルビンが残こり腸の中で空気に触れて酸化した場合に緑色に見えます。

赤ちゃんのケースで多いのが、うんちの中のビリルビンがオムツの中で空気に触れて酸化し緑色になる場合が多くあります。

黄疸と溶血性貧血

病気により赤血球の破壊が進むと、胆汁が出過ぎてしまいうんちが緑色になる場合があります。

ビリルビンを構成する成分が赤血球で、肝臓は、壊れたり古くなった赤血球をビリルビンに変える働きがあります。

肝臓で作られたビリルビンは、胆汁に混ざり十二指腸から分泌され大腸で吸収され、残りはうんちとして排出されますが、血液中の壊れた赤血球が過剰に増えた場合、肝臓の働きでビリルビンも増加します。

過剰なビリルビンは腸で吸収しきれず便に多く含まれることになりうんちが緑色になります。

体がだるい、皮膚の色が黄色っぽい時は、黄疸や溶血性貧血の可能性があるので病院で診察を受けましょう。

便(うんち)の色が赤色

うんちが赤い場合は、血液が混ざっている可能性があるので重篤な病気の可能性があります。

痔のように肛門の裂傷で血液が混じる場合も有りますが、大腸ポリープのように腸内の出血が混じる場合や大腸がん直腸がんのようにより重篤な病気の場合も有ります。

いわゆる血便と呼ばれる状態ですが、出血している部位のによ赤色の濃さ・色調が変わります。

口、のど、胃など肛門から遠い器官からの出血は血が大腸を通る際に腸内細菌によって分解され、黒く変色するか赤黒い色に変色します。

一方で、肛門に近い部位、結腸や肛門から出血している場合は、腸内細菌に分解されずに肛門から出てくるので明るい赤色の血便になります。

便秘でカチカチな硬い便ををした時に肛門が裂傷、炎症を起こした時にみられます。

便が肛門を通過する時に便の表面に血が付くので、鮮やかな赤色になるのが特徴です。

大腸ポリープ・大腸がん・大腸炎・直腸がん

出血が少量の場合は本人が気がつかない場合があり健康診断の検便で潜血反応が出て発覚するケースが多いようです。

見た目の特徴としては、うんちに粘液が一緒に付いている場合も有り、黒っぽい赤の場合は口に近い側、赤が鮮やかな場合は肛門に近い側で異変が起きている可能性があります。

便(うんち)の色が黒色

便の色が黒い場合は、便秘の可能性と消化器官からの出血の可能性があり、出血の場合は重大な病気がある可能性があります。

傷口から出たばかりの血液は鮮やかな赤色ですが、時間が経つと黒く変色します。

便が黒い原因が血便だった場合、喉や胃から出血して、酸化し黒く変色している可能性があります。

便秘

便の水分が少なくなっても便の色が濃くなり黒く変色する事があります。

この場合は便秘を解消すると、便の色が標準的な黄土色に戻ります。

重度の血便

軽度の血便では、便に含まれる血の量が少ないので目立たない場合がありますが、病気が進行して出血量が増えると便に混ざる血液が増えてどす黒く見える場合があります。

また、肛門から遠い位置で出血しても便が黒い場合があるので、疾患のある臓器を検査しなければなりません。

黒い便が数日間続いたり、体調良く無い場合は、病院へ行き医師の診察を受けましょう。

便の色を改善する食事法

食事

詳しくはコチラ 青

用語集

十二指腸

摂取した食物が胃から小腸にたどり着くまでの間の部分を十二指腸と呼びます。

胃で消化された食べ物が十二指腸に入ってくると、さまざまなホルモンが分泌(ぶんぴつ)されます。

代表的な物は、胆汁(たんじゅう)で、十二指腸の中に流れ込みます。

胆汁やすい液によって混ぜられた食べ物は空腸に送られ、さらに消化・吸収が行われます。

胆汁

胆汁は、脂肪やビタミンの消化・吸収を助ける黄褐色の消化液で、肝臓で作られています。

そして肝臓の中にある胆管という管を通って運ばれて、胆嚢(たんのう)という袋状の臓器に一旦蓄えられます。


このページの先頭へ