自分の便通のパターンについて

確認する医師

便通には個人差があり、自分の便通パターンを把握することで精神的にも安心ができ、対策も立てやすくなります。

下記に、時間、サイクル、便の出方に分類してありますのでご自身のパターンと比較をしてみてください。

自分は何時排便しやすいのか?

普段自分は、朝にトイレへ行くのか、昼に行くのか、夜に行くのかを意識してみましょう!

朝に便意があるようならば、自然な状態でトイレにいけるように、早起きの習慣を身に着けて朝の便意を見逃さないようにしましょう

トイレは、昼食後に行くタイプであれば、食後に休憩時間中に行けるように昼食は早めに済ませ、便意を逃さにように心がけてください。

夜、トイレに行くタイプであれば、食後やお風呂などの時間でリラックスできるような時間を作り夜の便意を逃さないように心がけましょう。

何時、便意が起こりやすいのか、我慢をしていないかなど悪い習慣を取り除くことで健康的な習慣を身につけることができます。

自分の排便サイクル

決まった時間に出ないと焦ると、それがストレスとなる可能性があります。

2日に一度、3日に一度であっても残便感が無くすっきりとしてお通じがあるようなら心配はありません。

排便のサイクルを把握してリズムを身につければ良いとされています。

毎日排便があっても残便感がありすっきりしない場合は一度病院に行かれて診察を受けましょう!

専門家に原因を特定してもらってから解消法を考えるほうが早道の場合があります。

便の量や便の種類を確認する

自分の正常な状態がわからなければ、以上にも気づかないものです。

が少なくても自分がすっきりしたと感じていれば問題はありませんが、便の硬さもスッキリ出た時の感覚を覚えておき、毎日の排便でその状態に近づけることが大切です。

食事やストレス管理や運動などに気をつけましょう


このページの先頭へ