大腸がんと便秘について

レントゲンで大腸を見る医者

大腸がんについて

日本人の食生活が欧米化し、肉食が多くなるにつれて、大腸ガンによる死亡率が増加しているようです。

大腸がんは進行するにつれ、血便・便が細くなる残便感・腹痛・下痢と便秘を繰り返すなど、排便に関するさまざまな症状があらわれます。

血便は痔と勘違いしやすく注意が必要で、がんによる血便は、暗赤色の血液が便に混じったり、黒い血の塊が出たりなどの特徴があると言われています。

特に、肛門から離れた部位のがんでは、血便を認識できずに、貧血・腹痛・腹部のしこりなどの症状があらわれて、初めて気がつくケースがみられます。

大腸ガンに関する詳しい解説はコチラです。

大腸がんは、胃がん肺がんなどに比べ、成長が遅くリンパ節への転移なども少ないため、早期発見により治癒の可能性が高いと言われています。

早期発見・早期治療が大腸ガンに対する最善の予防策と言えます。

自覚症状がなくても、定期的な検査を受けることをお勧め致します。

いろいろな大腸検査<まとめ>

【内視鏡検査】
内視鏡検査とは、先端に小型カメラまたはレンズを内蔵した太さ1cm程の細長い管を
口あるいは肛門より挿入し、食道十二指腸や大腸の内部を観察し、
時には治療を行うものです。

【便潜血検査】
便潜血検査とは、便に血液が混入しているかどうかを
化学反応や免疫反応を利用してチェックするスクリーニング検査です。

【注腸(バリウム)検査】
バリウムと空気をおしりから注入してレントゲンを撮る方法です。

血液検査
体液やからだの組織から検査材料をとって化学的に分析し、
健康状態や病気の程度を調べる検査です。

大腸がん検査


このページの先頭へ