ストレスによる便秘の対策

女性 ストレスで便秘になる

ストレスと便秘の関係

ストレスは自律神経中枢へ与える影響が大きいことで知られています。

自律神経に影響が出るとぜん動運動が異常をきたし便秘や下痢を招きやすいとされています。

ストレスを受けると腸は影響をストレートに受けてしまいます。

日常的にある小さいストレスに対しては人間は鈍感でありストレスを受けているのかどうかにも気づかないことがあります。

些細なストレスが蓄積して便秘と下痢を繰り返しながらも原因がわからないといったケースが多く存在しているようです。

そういった方は自分がストレスをうけているのかどうかも確認してみると宜しいかもしれません。

ストレス感度のチェック項目

  • 何事にも負けず嫌いである。
  • 責任感は強いほうである。
  • 好き嫌いがはっきりしている。
  • 人を羨ましがる。
  • せっかちな性格である。
  • 人に頼むのが苦手である。
  • 悔しがる方である。
  • 完璧主義である。
  • 心配性である。
  • 計画性がある。
  • コンプレックスが多い方である。
  • 友人が少ない。
  • 人にバカにされていると感じることが多い。
  • 他人の顔色が気になる。
  • 頼まれると断れない。

該当する項目が多いほどストレスを貯めやすい性格であるとされています。

ストレスの解消法を見つけあまり溜め込みすぎ無いように気をつけましょう。

最近のストレス社会を反映しに増加傾向にある過敏性腸症候群が増加していますが過敏性腸症候群とは、便通異常(下痢、便秘)と腹痛、腹満感などの症状を慢性的に繰り返すものが特徴です。

ストレス性の特徴は便秘と下痢を繰り返す。

原因としては暴飲・暴食や刺激性の食事でおこることもありますが、大部分は生活の中で起こる心理的ストレスが強く関係していると言われております。

例えば、会社や学校にうまく適応できない時の身体反応としてあらわれることが多く、出社拒否症、登校拒否症の身体症状と考えられておりストレス社会ならではの現代病とも言えます。

症状としては便秘や下痢といった症状が多いようで時には便秘と下痢が交互に繰り返すこともあります。

過敏性腸症候群の人では、仙痛が起こったり、突然便意や排ガスが起こったり、腹満感が起こったりすることもあり粘液が腸の蠕動に伴って排出されることがあり、これらは過敏性腸症候群の症状の一つです。

過敏性腸症候群は腸管の機能の異常によって起こるもので腸のぜん動運動が強すぎたり弱すぎたり、または遅すぎたり速すぎたりといった機能の異常が起こります。

若い人に多い現代病と言われており過敏性腸症候群は、生活の中でのストレスが引き金となって、自律神経の働きが乱れ、不快な便通異常をきたすパターンが多いようです。

腸のぜんどう運動が強すぎて起こるけいれん性便秘も、過敏性腸症候群の一種で慢性の便秘や下痢を中心に、腹痛をはじめとする、さまざまな不定愁訴を伴うことから、学業や仕事に差し支えることも少なくありません。

近年、社会の複雑化に伴って、過敏性腸症候群が増えておりとりわけ10~30代の若者に多いのが特徴のようで、例えば、まじめ、几帳面な性格の人によく見られるこの病気は、生まじめで几帳面な性格、悪くいえば融通がきかず、神経質で内向的なタイプの人に多く見られるという傾向があります。

こういう人は、ささいなことでも深く思い詰めてしまう傾向があり、自律神経のバランスを乱しやすく他の病気が便秘を招いていること可能性があります。

ストレス性の便秘の解消法

このストレスについては、セロトニンと言うホルモンが重要な役割を持っています。

ホルモンと言うと脳で分泌されることを想像されるかもしれませんが、このセロトニンは体内の95%は腸で作られています。

セロトニンが不足するとうつ病などの精神疾患になることがわかっており、ストレスとセロトニンの関係が注目を集めています。

セロトニンは、心の状態を整える働きがある神経伝達物質で、このホルモンが不足すると精神のバランスが崩れて様々な疾患を患うとされます。

セロトニンはトリプトファンと言う物質から合成され、人体中の95%が小腸の粘膜にあるクロム親和細胞と呼ばれる細胞内にあります。

便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群やストレスによる便通異常もセロトニンが関係し消化管の働きにも影響を与えます。

腸内環境が悪化するとこのセロトニンの分泌も低下し、ストレスをためやすくなり、セロトニンの影響で腸の働きも悪くなるという悪循環に陥ります。

ですので、このストレス便秘の原因であるセロトニンを分泌する腸にダメージを与えている悪玉菌を減らすことが重要になります。

悪玉菌を減らすには、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の摂取が有効です。

これら善玉菌が腸内生成する乳酸、酢酸、酪酸などの有機酸は、悪玉菌を減らす働きをするとともに有機酸は腸に活力を与える働きをするので腸内環境も改善して腸が再び動き出し、セロトニンが分泌されればストレスの解消にもつながります。

ただ、通常の乳酸菌やビフィズス菌では胃酸で死滅して腸まで届かないので、胃酸や熱に負けない強い善玉菌を選ぶ必要がありますので、これから紹介を致します。

ストレスで便秘になってしまう方向けの食事法

このページの先頭へ