頑固な便秘の対策

腹痛の女性 便秘

頑固で困っている人の特徴は

便が硬くて困っている方すっきり感が足りないと感じている方が多いのではないでしょうか?

理想的な便の水分は70~80%で、形は「バナナ状」が理想とされこれ以上水分が多くなるとウンチは軟らかくなり、半練状 → 泥状となっていきますが、半練状までは健康なウンチといえます。

もっと水分が多くなって90%を越すと、水のような便となり、排便回数も多くなりいわゆる下痢と呼ばれる状態です。

また、ウンチの水分が70%以下になるとウンチは硬くなり、60%以下ではカチカチ状、コロコロ状となります。

ウンチは腸内を平均時速10cmの速さで進みますが、この進み方が遅くなると水分が吸収され過ぎて硬くなり、余計に進み方がにぶってしまいます。

よく便秘というとウンチが何日も出ない状態のことをいうと思っている方が多いようですが、排便のリズムには個人差があって3日に1回でも、気持ちよく排便できれば便秘とはいいません。

逆に毎日排便があってもウンチが硬く、排便時に苦痛を感じるようならそれは便秘です。

一般的に下痢よりも便秘の方がこわいといわれています。

便秘状態が続くと「大腸ガン」「免疫の低下」「動脈硬化」「高血圧」「膀胱炎」「肌荒れ」「頭痛」「めまい」「肩こり」「腹痛」「不眠症」「食欲不振」「痔症」「ガスの増加」などがおきやすくなるので要注意!

腸年齢を若返らせることで、体をも若返らせてくれますので善玉菌を腸内に取り入れて腸年齢を若返らせましょう!
(シミやくすみ・シワ・ニキビなどの肌荒れの改善も期待大!)

多くの乳酸菌が腸まで届く前に酸等で死滅してしまうと言われており胃酸に強く熱にも強い善玉菌が健康には欠かせません。

頑固な便秘で困っている場合の食事法(続きを読む)


このページの先頭へ