「下痢(げり)軟便、泥状便、水様便」の記事一覧

症状として下痢が続く原因

下痢腹痛の女性

下痢は、持続期間が1~2週間以下で治癒する急性の下痢とそれ以上持続する慢性の下痢の2種類に分けられます。 急性の下痢は、一時的な症状で、下痢の原因も比較的はっきりしています。 原因や年齢によって下痢の程度は違いますが大抵・・・

下痢症と思い込みやすい病気

考える医師

大腸ガン・大腸ポリープ 大腸の中にはこぶのようなできものができるとその刺激で大腸の運動が高まり下痢をすることがあります。 (偽性下痢) 下痢が続く時は、専門医の相談を受けると良いでしょう。 大腸ガンに関する詳しい解説はコ・・・

下痢と便秘の関係

トイレットペーパー

世の中には、緊張すると便秘になる人もいれば緊張すると下痢になる人もいます。 便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群はこの便通異常の典型と言えるかもしれません。 また、便秘で切痔になる人もいれば下痢で痔瘻になる人もいます。 こ・・・

急性下痢と慢性下痢の対策

快便の女性

下痢には急性の下痢と慢性の下痢があります。 便秘の時に下剤を飲んで解消するのが長期的には体に良くないように、下痢だからといってすぐに下痢止めを飲んでしまうことには慎重にならなければなりません。 下痢という体の反応自体は、・・・

健康に良い睡眠法

眠る女性

睡眠は記憶を定着する機能がある他、体を休ませ体力の回復をします。 睡眠中は、活動で消費されるエネルギーが低下して人体を構成するタンパク質が生成されるとともに免疫機能が高められます。 人間に必要な睡眠時間は6時間~8時間と・・・

おなかをケアする方法|冷やさない・温める

お腹のケア

入浴や運動は冷え防止に有効 体が冷えると代謝が低下して便秘や下痢を起こしやすくなりますので、冷え性の方は、特に足腰の冷えには注意しましょう! ウォーキングや体操は代謝を活発にして血液の循環も良くなることから冷えの予防に役・・・

下痢を解消する食事

食べる女の子

刺激の高い食品は避け、善玉菌を増やすような食事が大切です。 大腸を刺激する食品を避ける 下痢が起こるのは大腸の運動の過度な高まりなどが原因で起こるので食事は大腸に刺激の高いものを避けるのが原則です。 大腸に刺激の高い食べ・・・

下痢止めの種類

下痢を止める食事法

下痢の原因がわかってから下痢止め薬を使うのが原則 下痢は人間の体が持つ生理反応の一つです。 食中毒の時に下痢をするのは、有害な細菌や毒物が吸収されないように体外へ排出しようとする体の反応です。 ですので、原因がわからない・・・

慢性的な下痢と急性下痢の原因

下痢に悩むサラリーマン

慢性的な下痢の原因 水分が80%を超えると下痢になる調度良い硬さの便意は水分が70%程度含まれているとされています。 この水分が、80%~90%に増えると泥状便になり95%を超えると水様便になります。 逆に便に含まれる水・・・

下痢に良いツボ

下痢に良く効くつぼを押すている

腹痛を伴わない下痢 泥状の便を1日に2~3回排便し、腹痛を伴わなく体重減少などが無いようであれば病気の可能性は低いとされています。 このような下痢は、慢性下痢症と考えられ腸の運動が高まりやすいために起こると考えられ腸の運・・・

このページの先頭へ