下痢を解消する食事

食べる女の子

刺激の高い食品は避け、善玉菌を増やすような食事が大切です。

大腸を刺激する食品を避ける

下痢が起こるのは大腸の運動の過度な高まりなどが原因で起こるので食事は大腸に刺激の高いものを避けるのが原則です。

大腸に刺激の高い食べ物とは、氷菓子や清涼飲料などの冷たい飲食物、香辛料、脂質の高いものは下痢を起こしやすいので控えたほうが良いでしょう。

また、消化の良くないものも避けたほうが良いとされます。

下痢体質の人は、の弱い人も多く、食べ過ぎや消化の悪いものを食べると十分に消化吸収されなかったものが大腸に送り込まれ腸を刺激して下痢を起こします。

暴飲暴食を避け、消化の良い物を食べるようにし大腸をいたわりましょう!

適量の食物繊維を摂る

食物繊維は粘膜を保護する作用があるため、下痢の原因となる炎症を抑え刺激ではなく保護する役割があるとされています。

また、食物繊維は腸内の水分を吸収するので、便の硬さを程よい硬さに調整する役目も担っています。

また、食物繊維は腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を抑制するので腸内環境の改善には良い影響を与えるとされています。

食物繊維が良いといっても、生野菜を一度に大量に食べるとお腹を冷やすことになるので茹でたり、煮たりして温めて柔らかくすると良いでしょう。

腸内細菌を増やす食事

人間の腸内には約100兆個の腸内細菌が棲んでいるとされます。

腸内細菌には善玉と悪玉のように健康に資する菌と有害な菌が存在します。

悪玉菌が増えすぎると腸内で腐敗を起こして下痢を起こすこともあります。

善玉菌を増やす食事を心がけることで悪玉菌を抑制する食事法があります。

具体的には、善玉菌と善玉菌を増やす成分を摂取する方法でプロバイオティクスと呼ばれ腸内の健康を高める食事法とされています。

下痢解消のサプリ

このページの先頭へ