おなかをケアする方法|冷やさない・温める

お腹のケア

入浴や運動は冷え防止に有効

体が冷えると代謝が低下して便秘や下痢を起こしやすくなりますので、冷え性の方は、特に足腰の冷えには注意しましょう!

ウォーキングや体操は代謝を活発にして血液の循環も良くなることから冷えの予防に役立ちます。

また、入浴も発汗を促し代謝を活発にするので冷えには有効です。

シャワーで済ませてしまう方も、冷えの予防に最適な入浴をしましょう。

時間に余裕がある場合は、ぬるめのお湯に長くつかると体を芯から温めることになりリラックスもできるのでおすすめです。

また、柑橘類の皮などを入れるとアロマ効果があるので良いでしょう。

何らかの理由で湯船に入れない場合は、洗面器にお湯を入れフットバスをすると良いでしょう。

おなかマッサージ

腹部のマッサージも体を温めるには有効です。

手の平をおヘソの上において、のの字を書くようにマッサージをしましょう。

手が冷たい時は、両手を擦り合わせて温めてかるすると良いでしょう。

便秘や下痢に有効なマッサージの紹介はコチラ

タイトな服は避ける

下着はお尻がしっかり収まるものがおすすめで、ショーツは重ねるのも良いでしょう。

ガードルなどで締め付けると血行が悪くなり、かえって冷やす結果となります。

自分のサイズに適したものを選びソフトなものを選ぶと良いでしょう。

下着のシャツはつけない人もいますが汗を吸い熱を吸収するので着るようにしましょう。

タイトなパンツやスカートは下半身を圧迫して血行が悪くなります。

また、ウェストをベルトなどで締め過ぎないように注意しましょう。

冷え性の人は、夏でも靴下を履くようにしまし、素足にミュールやサンダルでは冷房の効いた環境では冷えてしまいます。

冷房・冷風に直接当たらない

冷房の設定温度は外気温マイナス5℃が最適とされています。

長袖シャツで調度良いような温度では、冷え過ぎが考えられますので設定温度は高めにするとよいでしょう。

また、冷風が直接体に当たらないように気をつけましょう。

自分に合わせて調節が出来ないオフィスや教室、電車内などではタオルやスカーフ、ブランケットなどで腰回りや膝にかけて冷やさないようにしましょう。

冬はカイロなどを使い、腹部や腰を暖めるようにしましょう。

水分摂取は大切ですが、冷たいものは飲み過ぎないようにしましょう。

突然の腹痛や便意に備える方法

過敏性腸症候群では、行く先々でトイレの場所を確認したり教室や会議室では途中で退席しやすい座席を確保すると良いでしょう。

また、水に流せるティッシュを携帯することも安心感につながります。

排便をするとすっきりする場合は、朝早く食事を済ませトイレへ行く時間を多めにとって出かける前に用をたすようにしましょう。

ウォシュレットがある場合は、肛門を刺激して直腸に残っている便も出しておくのも良い方法です。

冬場では、カイロを使い腰やお腹をさすり適度に温めると良いでしょう。

電車やバスでの移動中にトイレに行けない状況では腰や足にブランケットをかけ温めて寝てしまうことも有効です。

お腹をケアする食事法

このページの先頭へ