健康に良い睡眠法

眠る女性

睡眠は記憶を定着する機能がある他、体を休ませ体力の回復をします。

睡眠中は、活動で消費されるエネルギーが低下して人体を構成するタンパク質が生成されるとともに免疫機能が高められます。

人間に必要な睡眠時間は6時間~8時間と言われていますが個人差があり何時間眠れば健康になるという基準はありません。

睡眠は生活の節目になるという働きもあり、就寝と起床の時間は一定にしておくと良いとされています。

就寝時間が仕事や遊びで一定に出来ないようであれば起床時間だけでも一定にしておくようにしましょう。

このようなリスムが出来てくると生活が快調に感じるようになります。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠には90分というサイクルがあるとされます通常はその90分の1サイクルの中にレム睡眠とノンレム睡眠が交互に発生します。

レム睡眠は寝ている間も目が速く動く状態で、脳の眠りは浅いが筋肉の緊張が低下して身体的には休んでいる状態とされます。

ノンレム睡眠は逆に、脳は休んでいるけども体は活動し寝返りを打ったりします。

眠りにつくプロセスは、レム睡眠からノンレム睡眠になり、その後、このサイクルを繰り返しながら眠りが浅くなっていきます。

目覚めやすいのは、レム睡眠の時であるとされます。

睡眠不足

睡眠不足はストレスの要因になります。

睡眠は意識してコントロールできるものではないので、体を休める環境を作ったり、睡眠に適した環境を作ることしか出来ません。

眠ろうと思えば思うほど目が冴えてしまう時は、こちらの弛緩法などのストレス解消法をすると良い睡眠が得られます。

また、日中に運動が少ない場合も眠くならない場合があるので、運動が足りないようであれば、時間をつくりウォーキングなどをすると良いでしょう。

身体的に眠る環境が整ったら、あとは受け身になり目を閉じましょう。

体の睡眠をとるつもりで目を閉じていれば、脳にも必要な睡眠が取れるようになります。

眠りやすい環境づくり

清潔で心地の良い寝具を用意して、証明を落とした静かな部屋で体を横たえて目を閉じで神経を休めるようにしましょう。

就寝前にトイレへ行っておいた方が良く、夜中に目を覚まさないことも大切です。

何かを見ながらとか、読みながら寝ると神経が冴えてしまうので控えましょう。

冷房、暖房、音楽はタイマーを掛け消さなくても良いようにしましょう。

途中で目が覚めた時は時計を見たりせず目を閉じておけば自然に眠ることができます。

早すぎる時間に目が覚めた時も、起床時間まで体を休めましょう。

起床時間になったら、カーテンを開けたり照明をつけると頭が冴えすっきりとした目覚めが得られます。

また、便秘がちな人は一杯の冷水を飲んだり、足踏みや軽い体操をすると腸が目覚め便意をもよおしますし、目も覚めます。

快眠グッズを探す

リラックス特集


このページの先頭へ