下痢と便秘の関係

トイレットペーパー

世の中には、緊張すると便秘になる人もいれば緊張すると下痢になる人もいます。

便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群はこの便通異常の典型と言えるかもしれません。

また、便秘で切痔になる人もいれば下痢で痔瘻になる人もいます。

この便秘と表裏一体の関係にある下痢とはどのようなものなのかを解説していきたいと思います。

下痢が起こるメカニズム

下痢は腸にトラブルが発生した時に起こります。

・腸のぜん動運動が過分に高まって腸内を通る便の通過時間が短くなり十分に水分が吸収されない。

小腸での水分や電解質の吸収が不十分な時。

・腸粘膜の損傷などにより細胞内から分泌液が出てこの分泌液が腸管を刺激する。

下痢に含まれる水分量は80%以上

下痢になると、尿もしているのにどうして便に多くの水分が含まれるのかと不思議に思われるかもしれません。

健康な人の便に含まれる水分量は約70%、下痢になると水分量は80%以上になります。

人間が口から摂取する水分は2~3リットルと言われています。

唾液や液、胆汁、膵液、小腸液などの消化液が7~8リットル分泌され合わせて約10リットルの水分が食べ物のカスと一緒に消化管に出てきます。

このうち9.5リットルは小腸で体内に再吸収され、残りの0.5リットルのうち約80%が大腸で再吸収されます。

そして残った水分と便が一緒に排出されますので、水分の取り過ぎで下痢になる訳ではありません。

便の種類と含まれる水分量

硬い便・・・水分量70%以下

通常の便・・・水分量70%前後

軟便・・・水分量70~80%

下痢便・・・水分量80%以上

急性の下痢がひどい時は要注意

普段は健康的な便が出るのに、突然下痢を起こした場合を急性の下痢と言います。

腸内に有害な細菌や刺激物などが原因となります。

下痢によって回数や症状が異なりますが、一時的な下痢で一般的には腸内の刺激物が排除されれば自然に下痢も治まります。

急性の下痢は、下痢の原因によって非感染性の下痢と感染性の下痢に分類されます。

どちらの下痢も腸を刺激するものが排出されないと下痢は解消されません、よって、下痢止めの薬などを飲んでも下痢は治まりません。

特に熱がある時は下痢止めを使うと毒素が体の外に排出されないためより重症になることもあります。

下痢の症状がひどい場合は、コレラや赤痢といった感染症の可能性が高いのですぐに医師の診断を受けるようにいたしましょう。

感染症下痢

食中毒や海外旅行などで感染する赤痢、風邪に伴う下痢など細菌やウィルスなどが原因で起こる下痢を感染性下痢といいます。

これらの下痢は発熱や腹痛、吐き気、嘔吐などの症状を伴うのが特徴です。

食中毒の場合は「しぶり腹」といって、激しい腹痛とともに水のような下痢便、吐き気、嘔吐が繰り返され頻繁にトイレへ行くような状態になります。

発熱がある場合と無い場合がありますがこれらの症状があったらなるべく早く医師の診断を受けるようにしましょう。

近年O-157などの食中毒が世間を騒がせ、体力のない老人や子供が感染性の下痢、食中毒になると生命に関わる危険な状態に陥ることも心配されます。

特に夏場は食品衛生に心がけ、手をよく洗うなど十分な注意が必要になります。

非感染症下痢

急性の下痢で発熱を伴わないものは大抵の場合非感染性の下痢です。

これはほとんどが食べ過ぎによる消化不良が原因の下痢などで自然に収まるまで放っておいておいても問題がないとされています。

食べ過ぎ以外の原因としては、乳糖不耐症の下痢、特定の食品に対するアレルギー性の下痢などがあります。

熱がなければ、腸を刺激する原因が全て出てしまうまで自然に任せてもかまわないとされています。

水分を補給して下痢止めなどを使わないようにしましょう。

下痢がひどい場合は、脱水症状の危険もあるので病院に行くようにしましょう。

慢性の下痢はストレスが原因

便秘がだらだらと続くのも不快ですが下痢が慢性化するのも不快です。

慢性の下痢の半分は、機能性下痢でストレスなど精神的なものが原因で起こる過敏性腸症候群がその大半を占めています。

過敏性腸症候群は、便秘と下痢を繰り返す便通障害の一つです。

精神的なストレスを取り除くことが解消法であるとされています。

慢性下痢の残りの半分は腸、膵臓胆嚢などに何か原因があることで起こる下痢です。

脂っこいものを食べると下痢になる人がいますが膵臓や胆嚢の機能が低下している可能性が考えられます。

他にも、慢性下痢を起こす原因となる病気は潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸憩室、大腸がん、大腸ポリープなどがあります。

バセドウ病、糖尿病、寄生虫などは症状の一つとして下痢を引き起こす場合もあります。

下痢が2週間以上続くようなら病院へ行かれることが必要となります。

下痢を止める食事法

このページの先頭へ