過敏性腸症候群の食事

過敏性腸症候群では、下痢型、便秘型、交替型、腹痛型など症状は千差万別ですが、原因は腸管の働きが機能していないことでは同じです。

食事により腸管の機能が正常になるように工夫する必要があります。

食事の時間帯は規則正しく

食生活の乱れは、腸管の働きも乱し排便に影響を与えます。

排便に影響を受けると便秘になったり下痢になったりする可能性もあります。

過敏性腸症候群の人の腸は過敏になっているので便通異常がある時は普段の食生活を見直すと良いでしょう。

食事の時間が不規則であったり、朝食を抜いたり、夜は遅い時間に食事を摂るなどしている場合は、1日3回規則正しい食事をしましょう。

特に朝の食事は、大腸反射が起こりやすく出勤前に便意が起こり、便を出せばすっきりした状態で外出できます。

朝食事をすると通勤中、通学中に便意が起こるおそれがあり心配という人は朝食を抜くことも良いですが、会社や学校がない日は試すようにしましょう。

休日上手く行けば普段の日に試すと良いでしょう。

また、夜の遅い時間食事をすると朝の食欲がわかず朝食を抜くという悪循環になる可能性があります。

胃や大腸の反射が鈍くなり、便秘になったり移動中に腸の運動が高まり思わぬ時に便意を感じてしまう可能性もあります。

ゆっくり食事をする老夫婦

食事はゆっくり、時間をかける

暴飲暴食なども胃腸への負担を大きくして、腸の機能低下につながります。

過敏性腸症候群の人では食事に対しても注意をしている方が多く一般的に言う暴飲暴食などをしている方は少ないでしょう。

ただ、朝食を抜いてその分夜にまとめ食いをしたり昼食時など時間を惜しんで早食いなどは暴飲暴食にあたるので注意が必要です。

また、食事の時間は余裕を持って設定してゆっくりとよく噛んで食べるようにしましょう。

また、過敏性腸症候群では、食物繊維を中心にバランスを考えた食事が大切です。

食材の種類を豊富にして様々な栄養素を広く摂取することが大切です。

食事の量

下痢や便秘を繰り返し、食べることを控える人も多いことでしょう。

便意は直腸にある程度便が溜まった時に起こりますので食事の量が少ないと便の量も減り便意も起こりにくくなります。

下痢の症状があっても、腸の粘膜に障害が無い場合は食事の量は適量とるようにしましょう。

バランスの良い最適な食事法

冷たいものを控え温める食品を摂る

過敏性腸症候群では、お腹を冷やさないようにケアすることで症状が起こらなくなるケースがあるようです。

冷たい物を飲む時は一気には飲まずに様子を見ながら飲みましょう。

体を冷やす食品は火を通したり体を温める食品と組み合わせると良いとされます。

下痢が続く時の食事

過敏性腸症候群の下痢は食中毒のような細菌性の下痢とは違い脱水症状を起こす可能性が少ないとされます。

食べることが不安で食事量が減ったり、水分の摂取も貼った場合は医師に相談して点滴をしてもらうようにしましょう。

出来れば、食べることを怖がらずに、少量でも食べることが重要とされます。

腸への刺激を少なくするために、香辛料、炭酸、カフェイン、冷たいものは避けましょう。

下痢をしていても一定の食物繊維の摂取は必要なので野菜は欠かせません。

細かく刻んだり、煮たりすることで温かい物を摂るようにしましょう。

ごぼうなどの線維が強いものは避けたほうが良いでしょう。

脂肪や油脂類も不調の時は避けたほうが良いとされます。

豆類などタンパク質は腸内で発行する可能性が高いですが豆腐は大丈夫です。

乳糖や果糖がきっかけで下痢になるケースもあるので牛乳や清涼飲料も一時的に控えたほうが良いかもしれません。

また、カフェインやソルビトールの入った食品も避けるのが賢明です。

便秘が続く時の食事

過敏性腸症候群の便秘は、下痢型と同様に腸の負担を和らげる事が大切です。

規則正しい食事をしながらも便が出る工夫をすると良いでしょう。

欠かせないのは、水分補給と食物繊維の摂取です。

便秘の食事では、飲み物や冷たい水は奨励されますが過敏性腸症候群では過敏な状態なので避けたほうが良いでしょう。

冷水よりぬるま湯やお茶など温かいもので水分を摂取しましょう。

野菜は食物繊維も水分も豊富なので沢山取ることが奨励されており、海藻やこんにゃくなどに多く含まれる水溶性の食物繊維は保水性が高く便のかさを増やし排便を助けます。

おならや膨満感が気になる時の食事

大腸には500種類の腸内細菌が棲んでいるとされます。

乳酸菌に代表される善玉菌、ウェルシュ菌や大腸菌等の悪玉菌などがバランスを取りながら共存しています。

この腸内細菌のバランスは人間の健康と深い関わりがあり善玉菌が優勢であると悪玉菌起こす腐敗を抑え腸内で発生するガスを抑える役割が期待できます。

下痢を止める食事法

このページの先頭へ