胃腸に良いツボとマッサージ

女性 マッサージ

お風呂や温泉の効果

お風呂の効果は世界各地で認識されつつあり欧米でも家族や親しい仲間同士で楽しむなど広まりつつあります。

心身の疲れをほぐすには、ぬるめのお湯に長くつかるのが効果的です。

腸の働きが鈍い人は、このとき腹部をよくもんでマッサージをすることがおすすめです。

温泉には、神経回路を正常化する作用があると言われています。

温泉は泉質によって効果が様々なので自分に合った温泉を選びましょう。

胃腸病に良いとされる泉質は、

慢性胃炎 → 重曹泉

自律神経失調症 → ラジウム泉

便秘 → 硫黄泉・硫化水素泉 が有名です。

また、温泉のお湯を飲むとそこに含まれるミネラルが胃腸粘膜から吸収されます。

重曹泉、食塩泉、炭酸泉は食前に、ラジウム泉、泉は食後が良いとされています。

温泉に入る時は、かぶり湯をしてから入り入浴後は30分から1時間休憩するようにしてください。

ただし、胃・十二指腸潰瘍の出血時や急性疾患では温泉は厳禁ですので気を付けてください。

ツボの健康効果

胃潰瘍のように内臓器官そのものに疾患がある時は薬や手術など外からの力で病因を取り除く必要があります。

しかし、神経性胃炎や胃弱のように自力で正常な状態に戻れる段階ならツボ刺激にも効果が有ると言われています。

病院に行くほどでもないが体調がすぐれない時には適した予防法と言えるかもしれません。

ツボとは、皮膚表面にある気が集まる場所と言う定義が有ります。

皮膚の表層部には、365個のツボが有り身体に異常が有る時は、こる、押すと痛む、しびれるなどの反応を示します。

胃弱に効くツボは背中、腹、膝下にある

胃もたれ、げっぷ、胸やけといった胃弱の症状のある人は足の膝下にある「三里」というツボが有名です。

ここを小さな円を描くように揉むと胸やけや胃もたれに良いと言われています。

また、胃腸の働きを高めるツボは、背中とおなかに数ヵ所あり、そこを中心にマッサージすると効果があるとされています。

なお、足三里は胃酸の分泌を促すツボなので、胃酸過多の人は制酸効果のあるツボである陽陵泉を押すことがおすすめです。

常習性便秘に効果的なツボ

習慣性の便秘に効果のあるツボは大腸兪、小腸兪を中心に背中をマッサージすると効き目が有るとされています。

このページの先頭へ