胃腸薬(胃薬)の種類

薬と処方箋

酸の多い人の胃の痛み、胃もたれは鎮痛剤、胃酸の少ない人は消化薬とされます。

胃薬の種類

胃のもたれ、むかつき、胸やけ、食欲不振などの胃の不快症状では総合胃腸薬が使用されています。

市販されている総合胃腸薬には、消化酵素、制酸剤、胃粘膜保護剤、苦味芳香医薬が配合されており、様々な胃の症状に対応するように薬が作られています。

消化酵素は、
胃に溜まっている食物を消化して腸の方へ送り込む作用があり
胃のもたれ、胸やけ、むかつきなどを改善します。
制酸剤は、
胃酸を中和したり分泌を抑え
酸の刺激による胸やけや胃痛を抑えます。
胃粘膜保護剤は、
炎症や潰瘍が起こっている胃の粘膜を覆い
胃酸からの刺激を抑え胸やけや胃痛を改善します。
健医薬は、
苦味成分や芳香成分が消化液の分泌や
胃の働きを促すと共に芳香成分が食欲を増進します。

胃酸の多寡で薬を変える

胃が痛んだり胸やけする場合、胃酸の多さが原因の場合と胃酸の少なさが原因の場合があり、使用する薬が逆になります。

胃酸が多い場合は、胃酸の分泌を抑える制酸剤が使われ胃酸が少ない場合は、消化を助け胃酸の分泌を促す消化酵素や健胃薬が使われます。

総合胃腸薬には、両方の成分が含まれて、どちらにも効果が出るようになっています。

また、痛みがある場合は鎮痛薬が含まれるタイプが使われます。

漢方胃腸薬では安中散が主要成分

市販の漢方薬には安中散を主剤にしたものがほとんどです。

この成分は体力が中程度から弱い人まで幅広くつかえるのが特徴で胃の症状を改善する効果があるとされています。

総合胃腸薬の紹介

太田胃散

成分:消化酵素・制酸剤・健胃薬


新キャベジンコーワS

成分:消化酵素・制酸剤・粘膜保護剤・健胃薬


サクロン

成分:制酸剤・粘膜保護剤(過酸の人向け)


新三共胃腸薬

成分:消化酵素・制酸剤・粘膜保護・健胃薬


大正胃腸薬

成分:消化酵素・制酸剤・健胃薬・芳香薬


パンシロン

成分:消化酵素・制酸剤・健胃薬


タケダ胃腸薬

成分:消化酵素・粘膜保護剤・4種の制酸剤


タナベ胃腸薬

成分:消化酵素・制酸剤・胃粘膜保護剤

タナベ胃腸薬調律顆粒32包【第2類医薬品】

タナベ胃腸薬調律顆粒32包【第2類医薬品】
価格:1,281円(税込、送料別)


漢方胃腸薬一覧

太田漢方胃腸薬

成分:安中散と利尿、健胃、鎮静作用のあるブクリョウを配合


大正漢方胃腸薬

成分:安中散と腹痛に良い芍薬甘草湯を配合


タケダ漢方胃腸薬

成分:安中散



薬に頼らない腸内環境改善法はコチラ

このページの先頭へ