市販薬の種類と上手な飲み方

胃薬を飲むシニア男性

薬好きの日本人の中でも腸薬は良く売れている商品です。

食べ過ぎては薬を飲み、食欲が無いと言っては薬を飲みます。

その効き目はどのようなものなのでしょうか?

胃に不調には大きく分けると

1:胃液の分泌が活発過ぎて胃壁が荒らされる場合

(二日酔い、胸焼け、げっぷ、むかつき、胃痛)

2:胃液の分泌が少ない方

胃の働きが弱いため消化不良を起こしている場合

(胃のもたれ、胸つかえ、消化不良)

の二種類があります。

対応する、胃薬も二種類に大別されます。

1:胃液の分泌を抑えたり胃酸を中和させたりする薬

2:消化を助けたり胃の働きを活発にしたり

胃液の分泌を促す薬

1:の薬は制酸剤に分類され

2:の薬は消化・健胃剤で成分も目的も異なります。

ところが、市販薬の成分にはこの二つが一緒になった薬が多いようです。

どんな人にもよく効く胃腸薬をという狙いがあるようです。

服用しても良くならない場合は、医師の診断を受けたほうが良いでしょう。

飲み過ぎによる胃の不調を防ぐために胃腸薬を事前に飲む人がいますが効き目は期待できません。

それよりも、食後に食後に消化酵素剤配合の消化薬を飲んだほうが急場しのぎになるようです。

市販の胃腸薬には、胃の働きを良くして、消化吸収を高めるために生薬を配合しているものが多いようですが多量に飲むと副作用が強くなるとされています。

生薬配合の薬の飲み方は、胃酸過多の時には食間に消化不良の時には食後に飲んだほうが良いとされています。

また、消化性潰瘍の人は、消炎鎮痛剤やスピリンは飲んではいけないとされています。

消炎鎮痛剤は肩や腰が痛い時に飲む薬ですが、一般には、非ステロイド剤と似た薬理学的にステロイド剤と似た抗炎症作用があります。

つまり、胃液に対する胃の粘膜の抵抗力を弱め潰瘍をより悪化させてしまう可能性があるのです。

アスピリンは、風邪や発熱の特効薬ですが服用すると胃の中の酸度が高まることがわかっています。

副作用に関しては議論の多いところですが、アスピリンを多飲して出血したという症例が多く報告されているようです。

やむを得ず飲む場合でも空腹時に飲むことは避ける事が必要です。

胃腸の悪い人が高血圧や腰痛など他の病気にかかっている場合は安易に薬を飲まず医師の指示に従うことが大切です。

市販の胃腸薬の解説はコチラ

薬の成分と副作用

成分:酸化マグネシウム
効能:胃・十二指腸潰瘍、胃炎、胃下垂症、胃酸過多など
副作用:長く大量に服用すると、高マグネシウム血症、下痢など
成分:水酸化アルミニウム水酸化マグネシウム
効能:胃・十二指腸潰瘍、消化性潰瘍など
副作用:長く多量に服用すると、高マグネシウム血症、リン酸塩低下、食欲不振、吐き気
成分:臭化ブチルスゴボラミン
効能:胃・十二指腸潰瘍、胃炎、腸炎
副作用:発疹などの過敏症、目の調節障害
成分:臭化ブトロピウム
効能:十二指腸潰瘍、胃炎、腸炎
副作用:嘔吐、冷汗、悪寒、眼の障害
成分:スクラルファート
効能:胃・十二指腸潰瘍、胃炎
副作用:便秘、口の渇き、吐き気
成分:ファモチジン
効能:胃・十二指腸潰瘍、
副作用:発疹、皮疹、便秘、下痢、頭重感
成分:ゲファルナート
効能:胃・十二指腸潰瘍、、胃炎など
副作用:じんま疹、便秘、吐き気、口内炎
成分:アルジオキサ
効能:胃・十二指腸潰瘍、胃炎
副作用:便秘
成分:塩酸ビレンゼビン
効能:胃・十二指腸潰瘍、胃炎
副作用:発疹、口の渇き、便秘、下痢
成分:オルノプロスチル
効能:胃潰瘍
副作用:発疹、じんま疹
成分:アブレンスホン酸ナトリウム
効能:胃炎、胃潰瘍
副作用:吐き気、嘔吐、便秘、下痢、腹痛
成分:ヨウ化オキサビウム
効能:胃炎、腸炎、胃・十二指腸潰瘍、
副作用:発疹、アレルギー
成分:塩酸パパベリン
効能:胃炎、胆道系疾患にともなう痙攣
副作用:発疹、アレルギー、肝障害
成分:ウロガストロン
効能:胃・十二指腸潰瘍、
副作用:口の渇き、吐き気、胃の不快感、下痢、便秘

このページの先頭へ