腸内環境に良い食物

お腹に良い食物栄養士の解説

日本人の食生活の変化と腸内環境

人間は一生で約70トンもの食品を摂取して生命を維持しています。

戦後、日本人の生活習慣に変化があり摂取する食品の種類や量が大きく変化しました。

日本人が伝統的に食べてきた植物性食品の消費は減り欧米の動物性食品中心の食習慣に変わりました。

植物性食品の成分には、有益な腸内細菌を助ける成分が多く含まれる一方で動物性食品の成分には、人体に有害な悪玉菌を増殖させる因子が多数含まれています。

実際に、植物性食品を多く摂取する人の腸内には善玉菌が多いとされています。

日本人の食生活と疾患の変化

日本人の伝統的に多かった結核を中心とした循環器系の疾患や感染症が減少した一方、生活習慣病やその合併症の増加が深刻になっています。

その結果増加したがん、心筋梗塞、脳卒中、高血圧、糖尿病などは増加の一途です。

食事と腸内細菌の関係は、健康の維持や疾病の予防と大きく関係しています。

このような、食事のより腸内環境を維持する方法をプロバイオティクスと呼び、健康法として注目されています。

お腹に良い食物口コミランキング

お勧めのプロバイオティクス食品

腸まで届く強い乳酸菌善玉菌を増やす食品

善玉菌プラス

腸まで生きて届く強い乳酸菌・オリゴ糖食物繊維、腸のぜん動運動を促す・マグネシウムビタミンCをまとめてとれる!

善玉菌プラス リサイズ

icon-zendama+

主要成分:有胞子乳酸菌・植物性乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖・食物繊維・マグネシウム・ビタミンC

詳しくはコチラ 青

食べ物と腸内環境のお話し

日本人の伝統的な

疾患であった、循環器系の疾患や

結核を中心とした感染症が減少した一方

生活習慣病の増加が深刻となってきております。

結果増加した成人病は

がん、心筋梗塞、脳卒中、高血圧、糖尿病などが挙げられます。

日本人は伝統的に発酵食品を摂取する事が多かったのです。発酵食品には乳酸菌を始めとする善玉菌が多く含まれ健康維持に役立っておりました。

日本人の食生活の変化は腸内環境の変化にも影響を及ぼしてきました。人間は一生で70トンもの食品を摂取して生命を維持しています。

戦後日本人の摂取する食品は大きく変化して種類や量も変わってきました。

傾向としては、炭水化物の摂取が減少した一方、脂肪や動物性たんぱく質の摂取が大きく増加しました。

脂肪や動物性タンパク質は体に悪影響を及ぼす悪玉菌のエサとなります。

腸内環境と食生活について

ビタミンと腸内環境

ビタミン類は、健康維持に欠かせませんが腸でも様々な働きをしています。

ビタミンB1、B2、B6などのB群はぜん動運動を刺激する事で知られています。

B群は、腸内で善玉菌によっても合成されますが普段の食事で摂取する事をおすすめします。

ビタミンCは、外から侵入してくる病原菌の働きを抑える役目を果たしています。

ビタミンA群は、腸内の粘膜を丈夫に保つ働きが有り不足すると下痢しやすくなる人もいます。

ビタミンは、青菜、ニンジン、などの緑黄色野菜だけではなく肉類にも含まれています。

このページの先頭へ