食物とカラダ

現在の日本人の栄養環境を考えれば、通常の生活をしている限り生死に関わるような
栄養失調は起こる可能性はありません。
逆に食生活の高栄養価が進みカロリーの過剰摂取が問題視されるようになりました。

しかし、健康にとって必要不可欠な栄養素が不足がちになっているのが現状です。

人間が必要としているエネルギーの供給源は、糖質、タンパク質、脂質の3つがあります。
理想的な食事とは、これらの3種の栄養素やビタミン、ミネラルを幅広く様々な食事から
摂取する食事ということが言えます。

このバランスを考えないと、エネルギーや特定の栄養素の過剰摂取が引き金となり、
生活習慣病などの病気になる可能性が高まります。
生活習慣病の一例としては、塩分の過剰摂取による高血圧や動脈硬化があります。

生活習慣病の予防や改善にも、ビタミン・ミネラルは大きな役割があります。
ビタミン・ミネラルが不足がちな人は体調をくずすことが多いとされます。
健康的な体を維持していくには、栄養摂取、適度な運動、十分な睡眠が必要です。

この3つの要素が崩れると、肥満や、心疾患、などの生活習慣病の危険性は高まります。

また、人間の体はストレスを受けると刺激を最小限にするために
抗ストレスホルモンであるアドレナリンを分泌します。
このアドレナリンを体が合成するのにはビタミンが必要です。

また、神経の興奮を抑えるためにはカルシウムが消費されます。
ビタミンやミネラルの不足はストレスへの対応能力を低下させます。
ストレスが多くかかるような現代人は、栄養の摂取に気を配ることで、
この現状を乗り越えていく必要があるのです。

食物の成分・調理法 記事一覧

青汁の期待される効果

青汁

美容と健康に良いとされる青汁ですが、具体的にどんな効果があるのでしょうか。 青汁を続けることで期待できる効果をまとめました。 ・青汁の効果 ①便秘解消 豊富な食物繊維が含まれているため、多くの方が便秘解消の効果を実感して・・・

»青汁の期待される効果 の続きを読む

青汁とは?

ケ―ルの畑

一時期ブームになり注目された青汁ですが、今ではすっかり健康と美容のための定番アイテムとなっています。 そこでいまさら聞けない「青汁とは何か」についてご説明しましょう。 ・青汁って何? 青汁とは簡単に言うと「生の緑葉野菜を・・・

»青汁とは? の続きを読む

生活習慣病を予防する食事法

食事

肥満を測る指標 肥満の指標として世界的に採用されている指標にBMIという指標があります。 これは、身長と体重を用いて肥満を判定する方法で、自分の身長と体重を入力して数値が25未満なら適正です。 無料BMIチェッカーはコチ・・・

»生活習慣病を予防する食事法 の続きを読む

生活習慣病を防ぐ食材選びのポイント

食材

牛肉は部位によって脂肪含有量の差が大きい 良質なタンパク質を含み、栄養価の高い食品ですが豚肉と比べると脂肪分が多いのが特徴です。 牛肉100gに含まれる脂肪は、部位によって約10~40gとばらつきがあります。 最も脂肪分・・・

»生活習慣病を防ぐ食材選びのポイント の続きを読む

カロリーと脂質を抑える調理法

調理

下ごしらえ 肉の脂肪は、切る、取り除く、湯通しする 脂身のある肉は下ごしらえで取り除く事が大切です。 鶏肉は低カロリーですが皮の部分に脂身が多いのが特徴で、皮は10g取り除くだけでも50kcalもカロリーを落とせますので・・・

»カロリーと脂質を抑える調理法 の続きを読む

減塩調理法-美味しくするコツ

調理する男

濃厚な出汁で減塩する 汁物や煮物などを薄味で美味しくするのは出汁の旨味を効かせるのがコツです。 市販の出汁は塩分が多いので使用する場合は塩分の少ないものを選び量は控えましょう。 自分で出汁をとったほうが減塩になり、昆布や・・・

»減塩調理法-美味しくするコツ の続きを読む

お助け食材の下ごしらえと保存方法

冷蔵庫

海藻類 寒天は食物繊維が豊富で低カロリー食品で、ダイエット中の食事やデザートには最適な食材です。 寒天は海藻の中でも天草やおごのりを原料に作られますが、寒天には、棒寒天、糸寒天、粉寒天があります。 棒寒天は、よく洗い水に・・・

»お助け食材の下ごしらえと保存方法 の続きを読む

栄養と健康

市場 食材

人間が生存に欠かせない物質のことを栄養素と言い栄養素を摂取することを栄養といいます。 人間の体は皮膚、血管、関節、骨、臓器に至るまで全て食事から摂取した栄養素によって作られています。 人間の肌が28日周期で生まれ変わるよ・・・

»栄養と健康 の続きを読む

ビタミン・ミネラルの役割

アルファベット

人間の体に必要な栄養素は30種類あるとされ糖質、脂質、タンパク質に加えビタミン、ミネラルなどがあり5代栄養と呼ばれています。 中でも必要量が多い、糖質、脂質、タンパク質を3大栄養素と言います。 これに対して、ビタミンとミ・・・

»ビタミン・ミネラルの役割 の続きを読む

ビタミンは生物が生成した有機物、ミネラルは土や水に存在する無機物

自然

ビタミンとミネラルの違いはビタミンが動植物が体内で合成して作り出された有機化合物であるのに対してミネラルは土壌や水の中に存在している無機物の総称であるところです。 植物は土壌に含まれるミネラルを養分として吸い上げているの・・・

»ビタミンは生物が生成した有機物、ミネラルは土や水に存在する無機物 の続きを読む

ビタミン・ミネラルの必要摂取量

食事する男女

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン ビタミンやミネラルは体に必要な栄養素ですが摂り過ぎは良くありません。 1日の摂取量は厚生労働省より指針が5年毎に公表されます。 2010年に発表された日本人の食事摂取基準では13種のビタミ・・・

»ビタミン・ミネラルの必要摂取量 の続きを読む

ライフステージ別・必須ビタミンとミネラル

時間の経過

妊娠中・授乳期 妊娠中の女性は血液の量が増えます。 妊娠中の体の変化についての解説はコチラ 血漿の増加に比べて赤血球の増加が少ないので、鉄欠乏症になりやすいとされています。 予防として、鉄分と鉄の吸収を高めるビタミンCの・・・

»ライフステージ別・必須ビタミンとミネラル の続きを読む

ビタミンE|酸化防止でアンチエイジング

E

ビタミンEの詳細 推定必要量・・・無し 推奨量  ・・・無し 目安量  ・・・男性9mg 女性8mg 上限量  ・・・男性800mg 女性600mg 作用 老化防止 毛細血管の血行促進 動脈硬化を予防 ホルモンの生成と生・・・

»ビタミンE|酸化防止でアンチエイジング の続きを読む

ビタミンA|目・肌を健康に保つ

A

ビタミンAのプロフィール 推定必要量・・・男性:550μg 女性:400μg (μg= 0.001mg ) 推奨量  ・・・男性:750μg 女性:600μg (μg= 0.001mg ) 目安量  ・・・無し 上限量 ・・・

»ビタミンA|目・肌を健康に保つ の続きを読む

ビタミンD|筋骨を丈夫にする

D

ビタミンDのプロフィール 推定必要量・・・無し 推奨量  ・・・無し 目安量  ・・・男女ともに5μg 上限量  ・・・男女ともに50μg 作用 カルシウムの吸収を促進し、血中のカルシウムを骨に運びます。 カルシウムを骨・・・

»ビタミンD|筋骨を丈夫にする の続きを読む

ビタミンK|骨を丈夫にしたり、血液凝固を助ける

K

ビタミンKのプロフィール 推定必要量・・・無し 推奨量  ・・・無し 目安量  ・・・ 男性:75μg 女性:60μg 上限量  ・・・無し 作用 血液凝固因子を生成する酵素の補酵素となります。 カルシウムを骨に定着させ・・・

»ビタミンK|骨を丈夫にしたり、血液凝固を助ける の続きを読む

ビタミンC|美容効果と免疫力の向上

C

ビタミンCのプロフィール 推定必要量   ・・・男女ともに85mg 推奨量     ・・・男女ともに100mg 目安量     ・・・無し 上限量     ・・・無し 作用 コラーゲンの生成を促進します。 抗ストレスホル・・・

»ビタミンC|美容効果と免疫力の向上 の続きを読む

ビタミンB群|肌荒れを防ぎ疲労回復に役立つ8種のビタミン群

B

8種類のビタミンからなるビタミンB群は補酵素として酵素の働きを助け健康を維持します。 同時に摂取することで、ストレスに強く肌荒れに強い体を作ります。 水溶性のビタミンには、作用が類似していたり同時に摂ると効果が上がるもの・・・

»ビタミンB群|肌荒れを防ぎ疲労回復に役立つ8種のビタミン群 の続きを読む

ビタミンB1|神経や脳の働きを促進する

1

ビタミンB1のプロフィール 推定必要量 ・・・男性:1.2mg 女性:0.9mg 推奨量   ・・・男性:1.4mg 女性:1.1mg 目安量   ・・・無し 上限量   ・・・無し 作用 糖質を分解する酵素の補酵素とな・・・

»ビタミンB1|神経や脳の働きを促進する の続きを読む

ビタミンB2|美肌と脂肪燃焼に効果的

2

ビタミンB2のプロフィール 推定必要量・・・男性:1.3mg 女性:1.0mg 推奨量  ・・・男性:1.6mg 女性:1.2mg 目安量  ・・・無し 上限量  ・・・無し 作用 脂肪燃焼を促進します。 皮膚や粘膜の健・・・

»ビタミンB2|美肌と脂肪燃焼に効果的 の続きを読む

ビタミンB6|タンパク質の代謝の補酵素で女性の味方

6

ビタミンB6のプロフィール 推定必要量 ・・・男性:1.1mg 女性:1.0mg 推奨量   ・・・男性:1.4mg 女性:1.2mg 目安量   ・・・無し 上限量   ・・・男女ともに60mg 作用 タンパク質の代謝・・・

»ビタミンB6|タンパク質の代謝の補酵素で女性の味方 の続きを読む

ビタミンB12|貧血や肩こりに有効な栄養素

1

ビタミンB12のプロフィール 推定必要量  ・・・男女ともに2.0μg 推奨量    ・・・2.4μg 目安量    ・・・無し 上限量    ・・・無し 作用 細胞内の核酸の生成を補助する。 中枢神経や末梢神経の障害を・・・

»ビタミンB12|貧血や肩こりに有効な栄養素 の続きを読む

ナイアシン|代謝と皮膚と消化器官の健康維持やアルコールの分解

ナイアシンを含む豆

ナイアシンのプロフィール 推定必要量  ・・・男性:13mg 女性:10mg 推奨量    ・・・男性:15mg 女性:12mg 目安量    ・・・無し 上限量    ・・・男女ともに300mg 作用 アルコールの分解・・・

»ナイアシン|代謝と皮膚と消化器官の健康維持やアルコールの分解 の続きを読む

パントテン酸|代謝を促進し髪や肌を美しく保つ

髪

パントテン酸のプロフィール 推定必要量   ・・・無し 推奨量     ・・・無し 目安量     ・・・男性:6mg 女性5mg 上限量     ・・・無し 作用 糖質、脂質、タンパク質の代謝に関係する補酵素の構成成分・・・

»パントテン酸|代謝を促進し髪や肌を美しく保つ の続きを読む

葉酸|核酸の形成や細胞分裂、赤血球など成長に必要な栄養素

野菜

葉酸のプロフィール 推定必要量   ・・・男女ともに200μg 推奨量     ・・・男女ともに240μg 目安量     ・・・無し 上限量     ・・・男女ともに1000μg 作用 細胞分裂を促進し、胎児の成長に必・・・

»葉酸|核酸の形成や細胞分裂、赤血球など成長に必要な栄養素 の続きを読む

ビオチン|皮膚に潤いを与える栄養素

みずみずしい肌

ビオチンのプロフィール 推定必要量  ・・・無し 推奨量    ・・・無し 目安量    ・・・男女ともに45μg 上限量    ・・・無し 作用 体内でのブドウ糖の代謝を促す酵素の補酵素となります。 脂肪酸の生成、アミ・・・

»ビオチン|皮膚に潤いを与える栄養素 の続きを読む

酸化の仕組み|酸素が人間にとって有害になる理由

酸化 錆

酸素は必要不可欠だが酸化すると害になる 切ってしばらく置いた野菜や果物の表面は茶色に変色し、水に濡れた鉄が赤く錆びたり、出しっぱなしのバターの表面は黄色くなりますが、こうした現象は、全て空気中の酸素と果物や野菜、鉄やバタ・・・

»酸化の仕組み|酸素が人間にとって有害になる理由 の続きを読む

活性酸素の害|酸素が変質し活性酸素になる

毒

4つの活性酵素 体の細胞を酸化させるのは、酸素ではなく酸素が変質したより強い酸化力を持った活性酸素という物質です。 活性酸素には、下記の4種類があります。 1:スーパーオキシド 特徴:細胞内でエネルギーが生成される時に大・・・

»活性酸素の害|酸素が変質し活性酸素になる の続きを読む

活性酸素が増える原因や環境とは

ストレス

ストレスは活性酸素を発生させる 活性酸素は、病原体が体内に侵入した時に、大量に発生して病原体を攻撃しますが過剰に発生すると健康な細胞にまで攻撃をしてしまう事があります。 切り傷や擦り傷はもちろん、胃炎や歯肉炎などの炎症が・・・

»活性酸素が増える原因や環境とは の続きを読む

体内の抗酸化物質|活性酸素を防ぐ物質

防衛する兵隊

抗酸化物質=スカベンジャー 活性酸素の作用は人体に障害を与えますが、体内には活性酸素を無害化する仕組みがあります。 この活性酸素を無害化する仕組みを抗酸化物質(スカベンジャー)と言います。 抗酸化物質には食物などから摂取・・・

»体内の抗酸化物質|活性酸素を防ぐ物質 の続きを読む

ビタミンとミネラルとビタミン様作用物質の抗酸化作用と機能

ABCDE

ビタミンの抗酸化機能 ビタミンCとビタミンEが活性酸素を消去 抗酸化物質として最も有効なのはビタミンCとビタミンEです。 人間の体には、血漿などの水のお多い場所と、脂肪組織や脳など脂質の多い場所とがあり、活性酸素はどちら・・・

»ビタミンとミネラルとビタミン様作用物質の抗酸化作用と機能 の続きを読む

ビタミン・ミネラル以外の食べ物に含まれる抗酸化物質

植物

ビタミン、ミネラル、ビタミン様作用物質以外にも抗酸化作用はあります。 植物の葉や花は常に紫外線を浴びて、光合成によって酸素の毒にさらされています。 活性酸素が常に発生する環境で生育するため植物の成分には抗酸化機能を持つ成・・・

»ビタミン・ミネラル以外の食べ物に含まれる抗酸化物質 の続きを読む

ミネラルとは

土壌

ミネラルは、必要量は少なくても5大栄養素の一つです。 不足しても摂り過ぎても体には悪影響を与えます。 様々な食品を広く摂取してバランスが偏らないように気をつけましょう。 現在確認されている118種類の元素の内、ミネラルに・・・

»ミネラルとは の続きを読む

カルシウム|丈夫な骨作りと精神と血圧の安定に欠かせない

運動する男女

カルシウムのプロフィール 目安量 男性:900mg 女性:700mg 目標量 男性:650mg 女性:600mg 上限量 男女ともに:2300mg 作用 丈夫な骨や歯をつくる。 心臓機能や血液の状態を性状に保ち、高血圧を・・・

»カルシウム|丈夫な骨作りと精神と血圧の安定に欠かせない の続きを読む

鉄|血中のヘモグロビンの構成要素で全身に酵素を届ける

血液の循環

鉄のプロフィール 推定必要量 男性:6.5mg 女性:9.0mg 推奨量   男性:7.5mg 女性:10.5mg 目安量   無し 上限量   男性:50mg 女性:40mg 作用 体内や脳に酸素を運ぶ赤血球中のヘモグ・・・

»鉄|血中のヘモグロビンの構成要素で全身に酵素を届ける の続きを読む

亜鉛|味覚、性機能、髪、肌の健康維持

女性の肌

亜鉛のプロフィール 推定必要量 ・・・ 男性:8mg 女性:6mg 推奨量   ・・・ 男性:9mg 女性:7mg 目安量   ・・・ 無し 上限量   ・・・ 男女ともに30mg 作用 酵素を活性化させタンパク質の生成・・・

»亜鉛|味覚、性機能、髪、肌の健康維持 の続きを読む

マグネシウム|筋肉の収縮、代謝、精神を正常に保つ

筋肉を鍛える女性

マグネシウムのプロフィール 推定必要量 男性:290mg 女性:230mg 推奨量   男性:340mg 女性:270mg 目安量   無し 上限量   無し 作用 様々な酵素の働きを助けます。 タンパク質の生成をサポー・・・

»マグネシウム|筋肉の収縮、代謝、精神を正常に保つ の続きを読む

カリウム|細胞内の塩分を調節

塩

カリウムのプロフィール 推定必要量 ・・・無し 推奨量   ・・・無し 目安量   ・・・ 男性:2000mg 女性:1600mg 上限量   ・・・無し 作用 体内の余分なナトリウムを排泄します。 心機能を正常に保ちま・・・

»カリウム|細胞内の塩分を調節 の続きを読む

セレン|ガンと老化を予防する

運動する老人

セレンのプロフィール 推定必要量 男性:25μg 女性:20μg 推奨量   男性:30μg 女性:25μg 目安量   無し 上限量   男性:450μg 女性:350μg 作用 抗酸化作用 免役機能の向上 欠乏時の症・・・

»セレン|ガンと老化を予防する の続きを読む

ナトリウム|日本人は過剰摂取

和食

ナトリウムのプロフィール 推定必要量 男女ともに600mg 目安量   無し 目標量   男性10g未満 女性8g未満 上限量   無し 作用 他のミネラルの吸収を促す。 カリウムとともに血圧を調整する。 欠乏時の症状 ・・・

»ナトリウム|日本人は過剰摂取 の続きを読む

リン|骨、歯、筋肉を作る栄養素

歯

リンのプロフィール 推定必要量 ・・・無し 推奨量   ・・・無し 目安量   ・・・ 男性:1050mg 女性:900mg 上限量   ・・・ 男女ともに3500mg 作用 カルシウムと一緒に骨や歯を形成する。 筋肉の・・・

»リン|骨、歯、筋肉を作る栄養素 の続きを読む

マンガン|代謝、骨格形成、性機能の向上

鉱物

マンガンのプロフィール 推定必要量 ・・・無し 推奨量   ・・・無し 目安量   ・・・男性:4.0mg 女性:3.5mg 上限量   ・・・男女ともに11mg 作用 糖質、脂質、尿素の代謝を助ける。 骨を作る酵素を活・・・

»マンガン|代謝、骨格形成、性機能の向上 の続きを読む

銅|骨格形成、貧血の予防

銅

銅のプロフィール ・推定必要量 男性:0.6mg 女性:0.5mg ・推奨量   男性:0.8mg 女性:0.7mg ・目安量   無し ・上限量   男女ともに10mg 作用 1:鉄とヘモグロビンの結合を補助する。 2・・・

»銅|骨格形成、貧血の予防 の続きを読む

必須ミネラル以外の役立つミネラルと有害なミネラル

健康によい野菜

必須ミネラルと呼ばれるミネラル以外にも人体に有益なミネラルがあり微量ミネラルに分類されています。 モリブリテン、ヨウ素、クロム、コバルト、バナジウム、ニッケルなど生命活動に必用とされるミネラルがあります。 どれも体内に存・・・

»必須ミネラル以外の役立つミネラルと有害なミネラル の続きを読む

このページの先頭へ