体内の抗酸化物質|活性酸素を防ぐ物質

防衛する兵隊

抗酸化物質=スカベンジャー

活性酸素の作用は人体に障害を与えますが、体内には活性酸素を無害化する仕組みがあります。

この活性酸素を無害化する仕組みを抗酸化物質(スカベンジャー)と言います。

抗酸化物質には食物などから摂取できるビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどの他に体内で合成される酵素があり、活性酸素の種類により抗酸化物質も変わります。

抗酸化物質の働き

  • 活性酸素が発生しないように、発生源を抑える。
  • 活性酸素に電子を与え、変質しないようにする。
  • 活性酸素によって受けた障害を修復する。

抗酸化物質は活性酸素を分解できる訳ではなく活性酸素を毒性の弱いものに変えていき、最終的に無害な水にします。

活性酸素の無害化

体内で合成される抗酸化物質には、スーパーオキシドジムターゼ、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼ等があります。

人間が活動する時のエネルギーには細胞内のミトコンドリアという組織でつくられていますがこの時に多量のスーパーオキシドが発生します。

これを消去する抗酸化物質が、スーパーオキシドジムターゼで、この物質は、スーパーオキシドを過酸化水素と水に分解します。

過酸化水素も活性酸素の一種ですが毒性はずっと低くなります。

次に過酸化水素を水と酸素に分解するのが血液中に含まれるカタラーゼです。

これらの過程でスーパーオキシドという毒物は無害化されるのです。

全てが無害化される訳ではなく、分解されなかったスーパーオキシドや過酸化水素は、細胞内のなどのミネラルと結びついて更に毒性の高い、一重項酸素やヒドロキシラジカルに変化することもあります。

ヒドロキシラジカルの分解には、グルタチオンペルオキシダーゼという酵素が働きますが一重項酸素の分解に有効な酵素は体内で合成されないので、外から摂取しなければなりません。

また、グルタチオンペルオキシダーゼが働くためには構成成分の一つであるセレンが必要になります。

酵素以外では、尿酸も抗酸化物質の一種です。

尿酸は食べ物に含まれるプリン体という物質が体内で分解される時に発生する物質です。

プリン体はビールや肉などに多く含まれます。

この尿酸には、一重項酸素やヒドロキシラジカルを分解する作用があります。

このページの先頭へ