活性酸素の害|酸素が変質し活性酸素になる

毒

4つの活性酵素

体の細胞を酸化させるのは、酸素ではなく酸素が変質したより強い酸化力を持った活性酸素という物質です。

活性酸素には、下記の4種類があります。

1:スーパーオキシド
特徴:細胞内でエネルギーが生成される時に大量に発生します。
2:過酸化水素
特徴:酸素が水と結合した時に発生します。
電子の数は偶数ですが、不安定な物質で、電子が分離しやすいため活性酸素に分類されます。
3:一重項酸素
特徴:紫外線や放射線を浴びると生成されます。
4:ヒドロキシラジカル
特徴:紫外線や放射線を浴びると生成されます。

全て、強い酸化力を持つ物質ですが、ヒドロキシラジカルは生活習慣病やガンを引き起こす危険な活性酸素です。

一方で、活性酸素は、体に害を及ぼすだけではなくその毒素を利用して外敵を排除するのにも利用されています。

白血球は、病原体を駆除する時に活性酸素を使います。

過酸化水素は、オキシドールと呼ばれ傷口に塗布すると白い泡が出て殺菌します。

活性酸素の強力な酸化力は、外的に向けられると健康にプラスとなりますが人体に向けられると有害な作用をもたらすのです。

活性酵素が原因の障害

過酸化酸素が人体にもたらす有害な作用を紹介します。

皮膚は紫外線を浴びると内側で活性酸素が発生し皮膚細胞が変化してシワやかさつきなどの原因になります。

やがて遺伝子を傷つけて皮膚がんにまで進行することもあります。

このような皮膚の変質を防ぐ為に表皮の底で生成されるのがメラニンですがメラニン色素が増えるとシミの原因となってしまいます。

生活習慣病にも活性酸素は影響を与えます。

生活習慣病の遠因となる動脈硬化は、血液中でコレステロールを運ぶLDLの脂質が活性酸素によって過酸化脂質にされてしまうことが原因です。

LDLは、悪玉コレステロールと呼ばれ健康に有害な影響を与えます。

コレステロールの種類についての解説はコチラ

ガンは、活性酸素によって細胞内のDNAが傷つきガン細胞の抑制の仕組みを狂わせることで増殖するとされています。

老人性認知症やアトピー性皮膚炎の患者の血中には過酸化脂質の濃度が高いことから、これらの病気も活性酸素が関係しているとされています。

放射線

物質を通り抜けることが出来る電磁波の一種です。

病院で検査の時に使う、X線検査、CT検査、血管造影検査などにも使用されます。

白血球

血液の成分の一つで、体内に侵入した病原体や異物を活性酸素を使い撃退します。

血液の成分についての解説はコチラ

DNA

デオキシリボ核酸の略称です。

生物の遺伝情報を管理している人体の組織です。

このページの先頭へ