ビタミンA|目・肌を健康に保つ

A

ビタミンAのプロフィール

  • 推定必要量・・・男性:550μg 女性:400μg (μg= 0.001mg )
  • 推奨量  ・・・男性:750μg 女性:600μg (μg= 0.001mg )
  • 目安量  ・・・無し
  • 上限量  ・・・男女ともに3000μg

作用

  • 成長促進
  • 暗順応を高める
  • 皮膚や粘膜を健康に保つ

欠乏時の症状

  • 眼球乾燥症、夜盲症
  • 皮膚や粘膜の乾燥、皮膚炎、下痢、感染症

薬理効果

発ガン抑制作用

過剰摂取

過剰な摂取は肝臓に蓄積されるため、めまい、嘔吐、頭痛などの過敏症が起こる。

中毒量は個人差によるが、深海魚等の肝には大量に含まれるので注意が必要。

ビタミンAの過剰摂取

一度に大量のビタミンAを摂取すると精神的な不安定、頭痛、吐き気などの症状が起こります。

個人差はありますが、毎日継続して50000μg以上摂取すると健康を害するとされます。

過剰になったビタミンAは肝臓に蓄積して、脱毛、貧血、肝臓肥大、関節痛などの症状を起こす可能性があるとされます。

妊娠初期の女性は特に注意が必要で

連日3000μg以上摂取すると胎児に奇形があらわれる可能性があり7500μg以上で流産となる可能性があります。

βカロテンとの関係

βカロテンは緑黄色野菜や海藻に多く含まれるカロテノイドという色素の一種です。

体内にビタミンAが不足すると、補うために肝臓でビタミンAに変化します。

ビタミンAに変化したβカロテンは、免疫力を高め、目の健康を維持します。

また、βカロテン自体は抗酸化作用と生活習慣病の予防になります。

耐熱性

食品中のビタミンAは熱を加えると含有量が減るものがあります。

一方のβカロテンは、熱に強いので調理では成分が失われません。

βカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率が上がり

緑黄色野菜は炒めたりドレッシングなどをかけると効果が上がります。

βカロテンがビタミンAに変わる量

βカロテンの吸収率はビタミンAの3分の1程度とされています。

ビタミンAを1μg摂るのにβカロテンは2μg必要とされます。

体内でビタミンAとして働ける量は12分の1程度とされます。

βカロテンはビタミンAに比べると毒性が低く、過剰摂取でも手の平や足の裏が黄色くなる程度で過剰症の心配はないとされます。

その為、ビタミンAの摂取に必要量はβカロテンはで摂ると良いとされます。

ビタミンAの効果

ビタミンAは粘膜や肌を潤し免疫力を高めます。

目の網膜にあるロドプシンという物質を合成するのに必要で、ビタミンAは視覚と視力に大きく関係しています。

目の網膜にはタンパク質と結合したロドプシンという物質があり暗順応に適応しています。

夜、目が見えにくくなる人はビタミンAの欠乏で夜盲症の可能性があります。

また、ビタミンAは眼球の潤いを保ち、不足すると眼球乾燥症になる可能性があります。

また、ビタミンAは上皮細胞の健康を維持しています。

上皮細胞とは、口や鼻から気管支、肺、腸など経て肛門まで結んでいる粘膜や体の皮膚を構成する細胞です。

上皮細胞の代謝に必要な栄養分で、代謝が高いと防御力が上がります。

ビタミンAは、同じ作用を持つ物質の総称で、レチノール、レチナール、レチノイン酸とも呼ばれます。

ビタミンAが欠乏した時に起こる症状

1:目のトラブル

ビタミンAが不足すると光への反応が鈍くなります。

また、涙の分泌も低下して目が乾燥します。

2:肌や髪の乾燥

爪や肌、髪に潤いを与えるのに必要です。

欠乏すると、皮膚が角質化して肌が乾燥してシワが増えたり髪も乾燥して傷みが多くなります。

3:風邪

ウィルスは口や鼻や胃腸の粘膜から感染します。

ビタミンAが不足して粘膜の力が低下すると病原体に対する抵抗力が下がります。

4:口内炎

口の中の粘膜が弱くなると、口内炎や歯茎に炎症を起こします。

上皮細胞の代謝を高めることでこれらを予防することが出来ます。

5:回復力

病気にかかると人間は免疫機構を活性化しますがこの時にビタミンAが大量に消費されます。

病気の時はビタミンAが不足するので補給は欠かせません。

ビタミンAの一種レチノールと肌の関係

レチノールには皮膚の新陳代謝を活発にして、肌に張りやシワを改善する効果があるとされます。

レチノール入の化粧品は、保湿力が高く、肌に吸収される時に一部がレチノイン酸に変化します。

ビタミンAの1日推定量必要量550μgを摂取するために必要な食物の量

ほうれん草:157g(2束) かぼちゃ:167g うなぎ:37g あんこうの肝:7g

マンゴー:1078g(6個) にんじん:81g 鶏レバー:4g 豚レバー:4g

このページの先頭へ