マンガン|代謝、骨格形成、性機能の向上

鉱物

マンガンのプロフィール

  • 推定必要量 ・・・無し
  • 推奨量   ・・・無し
  • 目安量   ・・・男性:4.0mg 女性:3.5mg
  • 上限量   ・・・男女ともに11mg

作用

  • 糖質、脂質、尿素の代謝を助ける。
  • 骨を作る酵素を活性化させる。

欠乏時の症状

  • 性ホルモンの生成能力の低下。
  • 骨と軟骨の形成不全。
  • 筋無力症や疲労の蓄積。
  • 糖尿病になりやすくなる。

過剰摂取

  • 食欲不振、脱力感、不眠、頭痛、性不全
  • 神経障害

注意

過剰摂取の症状はマンガン鉱山の労働者に多いとされます。

食品の摂取による過剰摂取はほとんど無いとされています。

マンガンの効果

マンガンの主な働きは補因子として酵素を活性化させることであるとされます。

糖質や脂質をエネルギーに変換する時に必用な酵素骨の形成に役立つ酵素、タンパク質を分解する酵素、体の構成要素となるタンパク質を作る酵素など様々な酵素の活性化に役だっています。

インシュリンや性ホルモンの分泌にも役だっているため不足すると性機能の異常や糖尿病を引き起こします。

マンガンの1日の目安量4mgを摂取するのに必要な食物の量

シナモン:10g 玉露:5g モロヘイヤ:300g 青のり:30g

このページの先頭へ