パントテン酸|代謝を促進し髪や肌を美しく保つ

髪

パントテン酸のプロフィール

  • 推定必要量   ・・・無し
  • 推奨量     ・・・無し
  • 目安量     ・・・男性:6mg 女性5mg
  • 上限量     ・・・無し

作用

  • 糖質、脂質、タンパク質の代謝に関係する補酵素の構成成分となります。
  • 体重の減少と、体力の低下があります。
  • 皮膚炎、脱毛などが起こります。

欠乏した時の症状

  • 足にしびれやうずくような傷みがあります。
  • 体重が減り、体力が落ちます。
  • 皮膚炎や脱毛が起こります。

薬理効果

パントテン酸誘導体である、パンテノール塗布は火傷の治療や日焼け防止、頭皮や頭髪を正常に保つ働きがあります。

注意

野菜や肉類、豆類などの多くの食品に含まれる上腸内細菌によって体内で合成されます。

毒性は低いので過剰摂取での中毒症の危険は少ないとされます。

パントテン酸の効果

栄養素の代謝に深く関係し、糖質、脂質がエネルギーになる時の化学反応に必要な補酵素の構成要素となります。

髪や肌を美しく保ち、ストレスの改善にも役立ちます。

不足すると、新陳代謝が低下して疲労や髪や肌の荒れにつながります。

また、不足するとホルモンや脂肪酸などの体の機能を正常に保つのに欠かせない物質の生成力が低下します。

パントテン酸が不足した時に起こる症状

1:ストレス過多

パントテン酸はストレスを緩和する副腎皮質ホルモンの生成を促進します。

パントテン酸が不足すると副腎皮質ホルモンの分泌量が減りストレスの解消が妨げられます。

2:肌荒れ

パントテン酸は、コラーゲンの生成を促進し肌を潤すビタミンCの促進をするので、欠乏すると肌荒れにつながります。

3:疲労

糖質、脂質、タンパク質のエネルギー代謝を促進させています。

不足すると、代謝が低下し体力の低下につながります。

パントテン酸の1日の目安量6mgを摂取するのに必要な食物量

サツマイモ:625g(3本半) 落花生:274g 干ししいたけ:76g 卵:486g(8個)

納豆:167g 鮭:472g 牛レバー:94g 鶏レバー:59g

このページの先頭へ