人類と細菌の関係

人類と地球

身の回りの多くの細菌の一部が食中毒を起こす

人間の周りには、細菌、ウィルス、カビなど微生物であふれていますが全ての微生物が人間に有害な訳ではありません。

人間の生活に眼に見える有益な働きをしている菌では納豆菌、イースト菌、乳酸菌、酵母菌、麹菌などがあります。

乳酸菌についての詳しい解説

食卓に欠かせない発酵食品はこれらの細菌の持つ発酵作用を利用して加工された食品です。

また、医療の現場でもストレプトマイシン、マイトマイシンなどの抗生物質がありますが、放線菌という細菌から分離された薬品です。

人間にとって有害な細菌は、多くの細菌の一部でありその中でも食中毒菌と呼ばれる細菌群は身近に存在します。

常在菌の存在

人間の体にも細菌は棲み着き常在菌と呼ばれます。

1人に住み着いている常在菌の数は1000兆個とも言われています。

人間の体の細胞数は60兆個とも言われているので、その数は約10倍以上の常在菌が体内に存在していることになります。

常在菌の中には、人間にとって有益な菌もあれば有害な菌もあります。

例えば、肛門の周りには便をきれいに掃除する常在菌が付着しています。

この菌は哺乳類の肛門に常在して、哺乳類の便をエネルギー源としていて菌体成分を排出しますが、その成分には肌を守る作用があるとされます。

体内の常在菌

常在菌は皮膚の表面、口の中、の中、小腸の中、大腸の中にも常在しそれぞれ特有の常在菌が棲んでいます。

皮膚の表面には、1平方センチメートルあたり数十万個の細菌が住んでいるとされます。

特に皮膚に付着している常在菌は、有害菌や紫外線、活性酸素から皮膚を守る働きをしているとされています。

人間の腸内にも常在菌がいて、300種類、100兆個の常在菌がいるとされます。

腸内の常在菌には、有益な善玉菌、有害な悪玉菌、どちらの見方もする日和見菌がいます。

代表的な腸内の善玉菌にはビフィズス菌で、悪玉菌の抑制をしたりビタミンを合成するなど人間に有益な働きをします。

悪玉菌は、腸内の食物を腐敗させたりして有害な作用をします。

日和見菌は、腸内の細菌バランスが善玉菌優勢の時は何もしませんが悪玉菌が優勢になると人体に有害な働きをします。

このページの先頭へ