日本での感染例が増えているノロウィルス

Norovirus ノロウィルス

(提供元:国立感染症研究)

日本人の衛生環境は向上して、多くの危険な伝染病は無くなる一方で、全ての感染症を無くすことは出来ません。

清潔な環境下でも生き抜く病原体もいれば、新しい環境下でも生き抜く病原体の出現や新しい感染経路の出現も考えられます。

老人ホームなどでノロウィルスの集団感染が増えています。

ノロウィルスは、冬期に幼稚園や小学校でも嘔吐下痢症を起こします。

ウィルスは体内で増殖して嘔吐物にも下痢便にも混じって排出されます。

ノロウィルスは、水中でも安定し乾燥にも強いのが特徴です。

ノロウィルスが原因の嘔吐は、激しい嘔吐が特徴で学校や老人ホームなどで感染者が嘔吐すれば、床にウィルスの混じった嘔吐物が広がり、乾くとウィルスを含んだ埃が舞い上がり他の人の咽頭に付着します。

ウィルスは咽頭では増殖しませんが、飲食時にに流され胃酸にも破壊されず小腸まで到達して増殖します。

下痢便中のウィルスは水洗トイレから下水道へ行きますが手に付着したウィルスは、感染を広げます。

また、ホテルなどの多数の人間が滞在する施設でも感染は広がります。

このような場所にウィルスが持ち込まれると嘔吐物から埃になり口に入り込むという経路でノロウィルス由来の嘔吐下痢症の流行が続きます。

老人ホームの老人

特に老人ホームでは、糞便の処理がトイレで出来ない方もいらっしゃることから嘔吐物→埃→口の経路以外でも、糞便→手→口の経路でもウィルスが広がります。

環境中でのノロウィルスの安定性は他のウィルスに比べて頑丈です。

食品を扱う人の手についた微量のウィルスが調理後の食品につき多数の人が食べて嘔吐下痢症の集団発生が起こります。

ウィルスは生きた細胞の中でしか増殖できないので食品中では増えませんが、食べた人の中で増殖します。

ノロウィルスは小腸粘膜の細胞でのみ増殖するという特徴がありますがこのような感染を局所感染と言います。

全新感染を起こすウィルスと違い感染後の免疫の持続が短く人は繰り返しノロウィルスに感染します。

更にノロウィルスは、RNA遺伝子のウィルスなので変異しやすく効果的なワクチンが出来きません。

ノロウィスルはこの清潔になった社会でも感染するウィルスと言えます。

このように乾燥に強いウィルスの場合は吐物の適切な処理をすることが大切です。

このページの先頭へ