水痘(すいとう)と麻疹(はしか)

授業を受ける子供

空気感染するウィルスが原因の病気として水痘や麻疹があります。

水痘(すいとう)とは

水疱瘡(みずぼうそう)とも呼ばれ、ウィルスが原因で起こる病気です。

皮膚にできた水疱の中のウィルスは水泡がつぶれて乾くと埃として空気中に舞い伝播します。

季節的には毎年12 – 7月に多く感染し8 – 11月には減少する傾向にあります。

罹患年齢の多くは9歳以下とされ成人で感染する例は稀です。

水痘ウイルスの自然宿主はヒトのみであるとされ、世界中に分布しています。

病院内で水痘症が発生すると院内感染が起こるとされます。

ウィルスは飛沫にもなりますが咳が出るわけではないので量は少ないとされます。

ウィルスの量としては皮膚から放出されるものが多いとされます。

人間が吸入したウィルスを含む埃が喉の粘膜に付着し感染が始まります。

潜伏期は2週間程度(10 – 21日)で、全身に直径3 – 5mm程度の盛り上がった紅い発疹が出現します。

成人は発疹出現以前に1 – 2日の発熱と全身倦怠感を伴うことがあります。

麻疹(はしか)とは

飛沫で伝染るだけではなく空気感染もするウィルス病です。

発疹はできるが水疱はできないので、水痘ウィルスとは違い飛沫による伝播が中心になります。

麻疹患者の咳は強く、飛沫は遠くまで飛びウィルスの量は多いとされます。

麻疹が飛沫によって空気中に舞うと、ウィルスは他者の喉の扁桃腺の免疫細胞やリンパ球で増殖すると考えられています。

一方で飛沫核として気道の奥まで到達したウィルスがどの細胞で増殖するかは解明されていませんが肺胞中の細胞であると考えられています。

麻疹(はしか)に関する更に詳しい解説

予防法

埃や飛沫伝播による感染を防ぐためにマスクを使う場合は肺胞まで到達する小さな埃は通常のマスクを通過してしまいます。

ウィルス病の予防や麻疹に対してはN95マスクという特殊なマスクが必要になります。

このページの先頭へ