進化することで出現する新型ウィルス

薬

文明の進歩に伴い人間の居住領域は拡大を続け、それは新たな動物や環境との人間が接触することを意味します。

そのことは、動物が保有している未知のウィルスが人間に感染する可能性も増えることになりました。

ウィルスを保有している動物は病気になりません。

長い進化の家庭でその動物とウィルスに共生関係が成立したことが考えられます。

例えば、ハンタウィスルは、ネズミが出生直後に親の糞尿に含まれるウィルスに感染して一生ウィルスを持ち続けます。

鳥インフルエンザウィルスの場合は、ウィルスは鳥には害を与えず鳥の気道と腸管で腸管で増殖し糞の中に排出されます。

人の中で新しいウィルスが誕生することはなく、野生動物の中にいたウィルスが人に感染するか、人に感染したウィルスが突然変異して人のウィルスに変化するかのパターンに分類されます。

人間から人間に広がらないタイプ

ユーラシア大陸などで腎症候性出血熱を起こすハンタウィルスが該当し野ねずみが保有していてネズミから人間に感染しますが感染した人から他の人へは感染しません。

患者の出血は内出血なので体外に出た血液がウィルスを広げることはありません。

家畜で蔓延してから人間に感染るタイプ

野生動物から家畜に感染してから、家畜で蔓延したウィルスが人間に感染するニパウイルスが該当しニパウイルス脳症を起こします。

このウィルスでは家畜は重症な病気になり、家畜に接触した人に感染します。

このウィルスでは人から人へは感染しません。

蚊や鳥で蔓延してから人間に感染るタイプ

蚊から人間に感染する西ナイルウィルスが該当し、人間が感染すると脳炎を起こします。

ウィルスを保有した蚊が米国へ運ばれ鳥か蚊に感染させたと考えられています。

このウィルスは蚊の中で増殖しますが蚊は病気になりません。

蚊が鳥を刺すことで鳥の中で増幅し、蚊と鳥の間で感染のサイクルが定着したと考えられます。

ウィルスを持った蚊に刺された人が感染し脳炎を起こしますが人から人には感染しません。

人間から人間に感染るタイプ

動物から人間へウィルスが伝染り、人間と人間でも感染をお越し感染が拡大するタイプのウィルスです。

このパターンのウィルスが広がる種類落として衛生状態が悪い地域のみで感染が広がる場合と国境を超えてウィルスが先進国にまで広がる場合があります。

エボラ出血熱という危険なウィルスが有り、感染すると患者の全身で出血が起こる恐ろしい感染症でウィルスを含む血液や体液が吐血や下血、鼻血などから出てそれに触れた人に感染します。

体外に出たウィルスは健康な人の手を介して他の人に感染を広げます。

もう一つの国をまたいで先進国でも広がるウィルスには飛沫で感染するインフルエンザと性交で広まるエイズウィルスがあります。

これらのウィルスは衛生環境が向上しても感染の広がりを抑えるのは難しいのが現状です。

このページの先頭へ