肺胞(呼吸を司る大切な器官であり空気感染を受ける器官)

肺

肺胞は人間の生命維持にとって必要不可欠な機能を持つ器官です。

この肺胞で感染や炎症が起こると健康に重大な影響を与えます。

人間が呼吸をする時、空気は鼻や口から入り咽頭を経て気管、気管支、細気管支から肺胞へ送られます。

肺胞は気道の一番奥にある器官で、血液に酸素ガスを供給し血液からは炭酸ガスを取り出すというガス交換を行なっています。

肺胞は肺全体で3~4億個あり、表面積は成人で約70平方メートルになります。

また、息を吸うと肺胞は広がり表面積は2倍になります。

呼吸をする時の空気の中には埃が混じっており、大きな埃は鼻腔や咽頭の壁に衝突して付着します。

鼻腔の表面には繊毛という細い毛が奥に向かい波打って動いており粘液とともに埃を咽頭まで運びます。

小さな気道は鼻腔には付着せず気道の奥まで直接到達します。

気管や気管支の内壁に付着した埃は内壁の繊毛の働きにより咽頭へ運ばれて、咽頭から食堂に入るか、痰として口から排出されます。

更に微細な5ミクロン以下の埃は細気管支を通り肺胞に到達します。

肺胞内には免疫系細胞の一種であるマクロファージがいてその埃を捕食して無害化します。

結核菌の場合は、消化されずにマクロファージの中で増殖するとされます。

ところが、肺胞まで到達した埃が無機物であった場合は消化されずに肺胞に蓄積します。

蓄積する無機物の中で問題なのは、二酸化ケイ素の微粒子で毒性が有り、捕食したマクロファージは死んでしまいます。

肺胞が線維化を起こしてガス交換の機能が低下します。

線維化が肺全体に及ぶ病気を珪肺と呼び放置すると中皮腫という癌になります。

このページの先頭へ