加齢臭の原因と対策 TOPページ

老夫婦

加齢臭とは?

人が年齢を重ねるにつれて発するようになる中高年特有の体臭を加齢臭といいます。

人の身体には、皮膚の潤いを保つための皮脂を分泌する皮脂腺があります。

年齢を重ねるとこの皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加し、それと同時に、過酸化脂質という物質も増え始めます。

パルミトオレイン酸が、この過酸化脂質と結びつくことにより分解・酸化されて出来るのがノネナールという物質です。

このノネナールこそが加齢臭の原因なのです。

加齢臭は男女同じ

加齢臭が起こるメカニズムは男女共通でオヤジ臭と言われる加齢臭ですが男性特有のものではありません。

汗も脂肪酸も分解されなければ悪臭にはならないとされています。

汗や脂肪酸が分解されると強弱の差こそあれ男女同じ加齢臭を発することになります。

中年男性の方がニオイの発生が目立つのは男性のほうが汗をかきやすく皮脂腺が活発で脂肪の分泌も多いのでオヤジ臭と言われているのかもしれません。

女性のほうが過酸化脂質を作る活性酸素の発生が少ないため加齢臭の元になるノネナールの発生が男性のほうが比較的若い時期から増加することにあります。

加齢臭のニオイとは?

加齢臭の元であるノネナールは、不飽和アルデヒドの一種であり、芳香成分であり、ロウソクやチーズの臭がすると言われています。

20歳、30歳の年齢ではほとんど確認することができませんが、40歳代から急に生成されるようになると言われています。

喫煙者の場合、非喫煙者に比べて悪臭が強くなる傾向があるがこのメカニズムについてはまだ解明されていません。

このページの先頭へ