食生活の改善と口臭予防

アルカリ 食品

h2>アルカリ性食品について

食事の内容を見直すことも口臭予防には効果的で、口臭を抑えるにはアルカリ性食品を多くとるようにすると良いとされています。

アルカリ性食品は、カルシウムナトリウムカリウムを多く含む緑黄色野菜や海藻類が該当します。

野菜そのものを摂取できない場合は、これらを含む青汁や野菜ジュースなどの葉緑素飲料を摂取すると良いでしょう。

また、歯ごたえのある硬い物や繊維質の食べ物も良いとされ、噛むことで唾液の分泌を促すことが期待できます。

塩分や糖分や脂質を控え、刺激の強い食品を避ける事も予防につながります。

無臭食品では抑えられない

臭いの無いにんにくや納豆などの無臭食品が数多く売られていますが、一時的な食後の呼気は確かに本来の臭いを抑えられるかもしれませんが根本的に口臭や体臭が消える訳ではありません。

臭いの無い食べ物を食べても臭いの発生を抑えられないわけです。

腸内環境が整っていなければ腸内で発生する異常発酵による臭い物質を肝臓や腎臓がそれらを除去しきれなくなり口臭や体臭となってあらわれるのです。

口臭予防の基本 食生活の見直し

規則正しい食生活を送ることとは、多種類の栄養素をとる食べる量は、胃に負担をかけないように腹八分目に抑える就寝2時間前には何も食べないようにして、睡眠中の胃を休めるなどの心がけが大切です。

このような規則正しい食生活は口臭予防につながります。

また、口臭予防を抑えるためには唾液の分泌を盛んにする必要があります。

唾液の分泌を促すには、口や舌を良く動かすことが大切です。

その他、消臭効果のある食品

飲食物による一時的に発生する口臭にはデザートや食後のケアも有効です。

デザートには口臭予防の効果があるポリフェノールを多く含む食品や緑茶や紅茶が良いとされています。

脂質の多い肉などの食後には、柑橘類やパイナップルニンニク臭を消したい場合は牛乳が効果的であるとされています。

アルカリ性食品と酸性食品

主に野菜や海藻などがアルカリ性食品で、肉など動物性たんぱく質は酸性食品に分類されます。

どちらに分類されるかは、その食品を燃やした灰がアルカリ性になるか酸性になるかによって決まります。

これは、食べ物が体に入り代謝させられた時に燃焼した時の性質をみるためで、食品そのものが酸性かアルカリ性かを分類したものではありません。

例えば、梅干しそのものはリトマス試験紙をつけると酸性を示しますが梅干しを燃やした灰を水に溶かしたものでチェックをするとアルカリ性を示すのです。

このページの先頭へ