口臭の原因|歯垢や歯石、舌苔の掃除と口腔をケアすれば口臭予防となる

歯を磨く女性

臭いの元は歯垢や歯石

口臭の原因は口の中にあることがほとんどです。

ニオイの元となるのは、歯に付着したプラークと呼ばれる歯垢です。

歯垢とは、歯の表面について白くて柔らかい沈着物を指しますが、これらは口の中の食べカスをエサにして増殖した細菌なのです。

歯磨きをせずに歯垢を放置しておくと唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化します。

これが歯垢で約2日間で歯石へと変化をし、こうなるとブラッシングではなかなか落ちません。

歯垢や歯石は、虫歯・歯周病の原因でもあり口臭も発生させます。

ブラッシングをまめにする人でも加齢とともに歯垢や歯石は付きやすくなります。

歯垢や歯石は時々歯医者さんで除いてもらうか染め出し剤などで歯磨きが出来ていない部分も磨くような習慣をつけると良いでしょう。

虫歯のニオイはイオウ臭

食後の歯磨きが不十分だと口の中の細菌が食べかすを栄養にして酸を発生させ、酸が歯のエナメル質を溶かし虫歯になります。

虫歯の穴には、歯垢や食べかすがつまり歯磨きでは食べかすを除けなくなってしまいます。

虫歯はイオウ臭と呼ばれるニオイを発生させます。

進行した虫歯や歯肉の炎症が進んだ歯は、かなり強い口臭を発生させます。虫歯が出来たら早めに歯医者の受診を受けるようにしましょう。

歯のかぶせ物が口臭の温床に

歯にかぶせたものやブリッジが古くなり穴が開いたり隙間ができると食べかすが詰まって虫歯や歯周病を引き起こすことがあります。

神経を抜いた歯は痛みを感知しないため虫歯に気づきにくくなります。

知らない間に詰め物の中で歯が腐食して歯肉にも炎症が起きて歯周病になることもありこの場合の口臭はかなり強くキツイものになります。

義歯の長期使用もニオイの原因

義歯も手入れを怠るとニオイの発生源となります。

プラスチック製などの樹脂製の義歯は長期間の使用で変形、変色することがあり唾液やその他の成分が内部に浸透して異臭が発生するケースもあります。

ニオイが気になる場合は、セラミック製などに交換すると良いでしょう。

ブラッシングの方法

・歯ブラシの持ち方

力を入れすぎずにペンを持つように握るのが基本です。

・磨く順序

歯垢のつきやす裏面から→奥歯→前歯→奥歯と1本づつ磨き

上下が終わったら表面を磨くようにします。

・奥歯

歯ブラシの毛先を歯と歯茎の間に垂直に軽く当てて

手先が歯周ポケットに入るように小刻みに細かく横方向にブラッシングし

歯茎を傷つかないようにします。

・前歯

歯の生える方向と平行になるように毛先を当てて縦方向にブラッシングをします。

・前歯の側面

側面に対して毛先が垂直になるように当てて縦方向に磨きます。

・下前歯の裏側

歯ブラシの上下の角を使って磨きます。

舌苔の掃除と口腔をケアすれば口臭予防となる

舌苔の量は口臭の強さに比例する

舌苔とは舌の表面にある白い苔のような物で、これは口の中の細菌や新陳代謝によって剥がれた上皮細胞などが舌の表面に付着したモノです。

口内の洗浄を怠ったり暴飲暴食や夏バテのために腸の調子が悪かったり、口の中が渇いた状態が長く続いたりするとこの舌苔が出来やすくなると言われています。

通常は誰にでも多少の舌苔はあり、完全に取り除くことは出来ません。

また口腔内の細菌バランスを保つのに役だっているとも考えられていることも考えられておりむやみに舌苔を取り除くのは望ましくないと言われています。

ただし、口臭の観点からすると多少の付着は良いとしても舌苔が多ければ多くなるほどに口臭は発生しやすくなるので多いことは望ましくないと言えます。

歯磨きでなく定期的な掃除を心がけ口臭予防をすることが大切と言えます。

適切な胃腸の働きで舌苔の増加を防ぐ

舌苔の増加には様々な原因が考えられますが、腸の機能低下が原因の場合は腸内環境の完全が必要です。

具体的には腸内の善玉菌を増やすような食品がおすすめです。

胃の機能低下にはハチミツレモン水がおすすめであるとされ、グルコン酸の殺菌作用が舌苔をきれいにしてくれます。

舌苔の掃除や口の中のケアだけではなく、胃腸の働きを正常化させて舌苔の増加を防ぎ口臭の予防が期待できます。

舌苔の掃除は専用クリーナーで

舌苔の掃除は週に1回を目安にしましょう。

舌の表面には味覚を感知する味蕾という繊細な器官があります。

舌を強くこすったりすると味蕾の細胞が破壊されてしまい味覚障害を起こす可能性があります。

味覚障害とは味がわからなくなることを指します。

舌のケアは、歯ブラシでは刺激が強すぎるので専用の舌クリーナーやガーゼやタオル地のハンカチを指にまきつけてするのが理想的とされています。

歯間ブラシで歯垢除去

口の中には歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシの併用が大切です。

歯垢や歯石がたまりやすいのは歯と歯茎の間や歯と歯の間や歯並びの悪い部分やブリッジの周辺なのでこれらの部分を歯ブラシだけで清掃するのは大変難しいのです。

デンタルフロスは、糸楊枝とも呼ばれナイロンなどでできた糸を歯の間に通し歯垢や食べかすを取る道具です。

歯間ブラシは針金の先に円錐状の小さなブラシが付いたもので歯と歯の間を磨くのに適しています。

ただし歯肉を傷つけないように気をつけなければいけません。

このページの先頭へ