口臭の原因と対策 TOPページ

口

モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクア

唾液の殺菌力が口臭を予防する。

人間の唾液には殺菌力があり、その力によって雑菌の増殖が抑えられて口臭を抑える働きがあります。

唾液中のリゾチームという酵素には、細菌の細胞壁を溶かして溶かし破壊するという作用があるからです。

気に残った雑菌も、唾液と一緒に飲み込まれ消化器官へ運ばれますがを通る時の胃酸でほとんどが死滅します。

もし口の中の自浄作用である唾液の分泌が低下すると、口臭の発生に結びつく可能性が出てきます。

口臭の有無は健康状態を表わす

朝起きたばかりの時は、口が臭いますがこの原因は寝ている間に唾液の分泌量が減って殺菌力が低下し口の中で雑菌が増殖するためであるとされます。

また、口や喉の渇きを感じた時や空腹時やストレスを感じた時にも唾液の分泌量が減るので口臭が発生しやくなります。

また、食生活の乱れは特に口臭をひどくすると言われています。

規則正しく食生活を送れないと、唾液の分泌が促進されずに結果的に口の中の雑菌が増殖しやすい環境となります。

体内の環境を弱アルカリ性に保つことが、体臭や口臭を防ぐことにつながります。

偏食が多く、栄養バランスの悪い食事を続けていたりアルコールやタバコの摂取量が多いと、口臭や体臭に影響します。

また、口の中が酸性に傾くと、口臭や体臭だけでなく様々な内臓疾患の原因にもなりかねません。

口臭の有無や強弱は健康を表す大事な指標なのです。

口臭チェックリスト

該当する項目が1個でもある場合は注意が必要です。

・朝食を抜くことが多い → 唾液の分泌が悪くなります。

・よく噛まないで食べる → 食べかすが口に残り、消化も悪い。

・硬い物はあまり食べない → 奥歯に唾液を分泌するスイッチがあるので刺激されない。

・お茶よりコーヒが好き → 口内のph値が酸性になり細菌が繁殖しやすい環境になる。

・水分をあまりとらない → 口の中が乾きやすくなる。

・気がつくと口が開いている → 口呼吸になりやすく、口が乾く。

・おしゃべりをあまりしない → 口を動かさないと唾液が分泌されません。

・一日中エアコンを使っている → 自律神経が低下し、唾液の分泌が減る。

・夜更かしをすることが多い → 自律神経が低下し、唾液の分泌が減る。

・ストレスをためやすい → 自律神経が低下し、唾液の分泌が減る。

・夏バテしやすい → 胃の働きと口内の自浄作用が低下します。

モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクア

このページの先頭へ