腸内環境改善と体臭予防

ガッツポーズをする女性

腸の中では数百種類を超える細菌が常在菌として住んでいます。

この内、善玉菌と呼ばれる人体に有益な働きをする細菌は腸内の消化吸収を助けたり免疫力を高めるなど人体に有益な働きをしています。

一方、ウェルシュ菌や大腸菌になどに代表される悪玉菌は腸内でたんぱく質などを分解し有毒物質を産生させています。

これが便や放屁などが臭う原因となっており、その他にも、日和見菌と呼ばれる体調や食事内容や腸内環境により善玉菌の見方をしたり悪玉菌の見方をしたりする腸内細菌も存在しています。

これらの腸内細菌のバランスが崩れ善玉菌の数が減少すると悪玉菌が増殖して体臭の臭さを悪化させる原因となります。

腸内の善玉菌を増やすには経口摂取で食べ物として摂取する方法しかありませんが酸に強い細菌を選ばないと大腸に到達する前に死滅してしまいます。

また、腸内に到達した善玉菌を増やすにはオリゴ糖という消化されずに大腸まで到達できる栄養分を一緒に摂ることが有効です。

腸では、食べ物したカスや老廃物が内容物として通過しますがウェルシュ菌などの悪玉菌はこの内容物のたんぱく質を分解してアンモニア等の腐敗物質を産生します。

これが腸から吸収され血管を通り体臭として発散されることを腸循環といい体臭の大きな原因となっています。

一方、このオリゴ糖は悪玉菌は栄養源にはできない物質なのです。

善玉菌をとり栄養源となるオリゴ糖を摂取することによって腸内環境を完全する食事法をプロバイオティクスといい近年注目がされています。

食生活の改善で多汗とニオイを防ぐ方法

たんぱく質は、肝臓でエネルギーに変換される時に他の栄養素に比べ約5倍の熱量を生み出すとされています。

この熱は、体温となり汗の量に影響を与えるので多汗を防ぐにはタンパク質の中でも熱生産量の高い動物性タンパクを抑えることが有効であるとされています。

汗腺機能を高めるためには、いも類などのムコ多糖類を多く含む食品が良いとされています。

また、亜鉛を多く含む食品は皮膚の知覚神経を高める働きがあるとされ体温調節に貢献すると考えられています。

デリケートゾーンのケア方法

このページの先頭へ