頭皮の臭いと毛髪のニオイ

頭皮のケアをする女性

フケが増えたら危険信号

頭の臭いの原因には2つの種類があるとされています。

一つは、頭の皮脂に細菌が繁殖することによって臭うケースでもう一つは、髪の毛が周囲の臭いを吸着・濃縮してニオイの元になるケースです。

頭皮のニオイに関係が深いものにフケがあります。

フケは頭皮の角質細胞で、身体のアカ同様に古くなって剥がれ落ちた頭皮の細胞の破片です。

フケが出ること自体は生理的な現象で何の問題もありませんがフケが多い場合は、服などについて不潔に見えてしまうなど不具合があります。

また、フケの多い人は頭皮のニオイが強くなる傾向にありますが、それはフケは頭皮に住んでいる細菌の栄養分になるからです。

フケが多く、かゆみも伴うような場合をフケ症と呼ばれています。

フケ症の原因は、ストレス過多、睡眠不足、刺激物の過剰摂取などありますが一番の原因は、真菌というカビの一種が増殖してしまうことであると言われています。

真菌は皮膚の常在菌ですがどんな人の頭皮にも存在し、脂分が好物のため、皮脂分泌が活発な人にはより多く存在しています。

また、ストレスは皮脂の分泌を増加させるため真菌が繁殖しやすい状態になります。

真菌によるフケ症が進行すると脂漏性皮膚炎となりひどい場合は、毛穴に皮脂がつまり抜け毛が増え脱毛の原因となる可能性もあります。

脂漏性皮膚炎が頭皮のニオイを強くする

脂漏性皮膚炎は、頭皮など皮脂の多いところに発生する炎症です。

皮膚の条細菌が繁殖して炎症を起こすのが原因ですが特に中年の男性に多いとされ頭皮のニオイの原因となっています。

皮脂は男性ホルモンが分泌を促進させるという特徴がありますが男性だけではなく女性でも分泌されストレスの荷重無縁ではありません。

皮膚科では、この皮膚炎に効果的な抗真菌剤を処方されますが睡眠を十分に取り生活全体を整えることで防ぐことが出来るとされています。

毛髪が原因の場合

頭皮とは違い、髪の毛が臭いのは外からニオイが付着したことが原因です。

髪の毛にニオイがつくのは洗髪やその後の乾かし方に問題があるケースがほとんどです。

頭の皮脂は皮膚を守って毛髪にうるおいを与える働きがあります。

ニオイうからといって乱暴に洗っては逆効果になります。

洗い過ぎは頭皮や毛髪の表面が傷つきそこに細菌が入り込んでかえってニオイが強くなる可能性があります。

洗いすぎやこすり過ぎに気をつける必要があります。

また、ニオイの対策からすると朝のシャンプーより夜のシャンプーをの方が効果的です。

髪のニオイは、外部のニオイの付着が原因なので色々な臭いがついた夜の洗髪のほうが効果的であるとされています。

このページの先頭へ