健康?不健康?おならが出る、多い

疑問に思う男女

肛門から排出されるおならを人前でおならをしてしまうことは恥ずかしいので、なんとか避けたいところです。

エレベーターや電車など、音も出て臭いもきついなど恥ずかしい思いをしてしまうこともしばしばあるかと思います。

しかし、おならには音の無いものや臭いの無いものもあります。

また、おならが多い、良く出るなど悩まれている方も多いかもしれません。

オナラの中身の大部分は食事中に食べ物と一緒に取り込んだ呼気とお腹の中で発生したガスから成ります。

人によって差はありますが、おなら1回につき100ml~3000mlで、1日に5回くらいすると言われています。

大抵は、トイレで便をする時に一緒に出るので自分が1日に大量のおならをしているという自覚は無いかもしれません。

おならの成分は約400種類ありますが、主成分は窒素・水素・炭酸ガス・酸素といった無臭のガスです。

悪臭の原因となるのは、アンモニアや硫化水素、インドールやメルカプタン、スカトール・アミン・揮発性脂肪酸であるとされています。

これら、悪臭の原因になる物質は、腸内の悪玉菌によって作り出されれるとされています。

つまり、腸が健康でない場合ほどオナラが臭くなるというわけです。

例えば、便秘気味でおなかが張っている時などは腸内に滞留した便が悪玉菌により腐敗し臭いガスを発生させます。

いもを食べるとおならが良く出ると言われていますが食物繊維を多く食べることにより出るオナラは出てもあまり臭くなりません。

肉類など動物性たんぱく質ばかり食べている人のオナラは腐敗臭が強くなります。

おならが恥ずかしいので我慢してしまいますが健康には良くありません。

放出されないおならは、血液に溶け込み全身をめぐります。

おならは出るのが自然ですが、臭いは腸内環境を改善することで抑えることができるので、まずは食生活の見直しから始められることをお勧めいたします。

おならが良く出る|頻繁な放屁への対策

健康な人は1日に0.5L程度のガスつまりおならを出します。

これは、食べ物が正常に分解・吸収されている証拠ですから無理に我慢する必要はありません。

おならを我慢するとガスが腸内をめぐり血液を濁らせてしまいます。

健康なおならはほとんど臭いはありません。

おならの原因には一般的には、腸内環境の乱れや、ストレスによる腸の機能低下、内臓下垂など様々な要因が重なるものです。

おならが止まらないほど頻繁に出るのは、腸の機能がなんらかの原因で低下していることが考えられストレスがその不調に拍車をかけて悪化をさせるケースが多いとされています。

心身ともに健やかであれば、便とともに排出するオナラだけで済むことで悩みも消え悪循環により繰り返されるガスや恐怖からも開放されるはずです。

しかし、悪臭を伴うおならが頻繁に出たら要注意で腸内が異常に発酵、腐敗している可能性がございます。

これは、腸炎、消化不良、大腸アトニ―などで、便が停滞しているためで時に激しい腹痛を伴います。

反対に、おならが全く出ず腹が張ってしまう場合は大腸の機能が弱まっている証拠です。

腹部をマッサージしたり繊維質の食品をとるなどして腸のぜん動運動を助ける必要があります。

おなら解消

このページの先頭へ