腸内細菌とおならの関係

腸内細菌の種類

腸の中には数百種類におよぶ様々な細菌が存在し、食べた物の消化吸収を助けるいろいろな働きをしています。

この様々な細菌が体内に存在し小腸から大腸にかけて菌が多数生息している状態を腸内フローラと呼びます。

この腸内フローラには、一定のバランスを保ちながら共存する多くの細菌類が棲んでいます。

種類がたくさんあるので当然働きも多種多様です。

その中には、体にとって良い影響を与える善玉菌と、有害に働いてしまう悪玉菌があります。

善玉菌とは人体に有益な作用をするグループで乳酸菌やビフィズス菌がこれにあたります。

これらは、生体維持に欠かせない数々のビタミンやタンパク質の合成や乳酸や酢酸などの栄養分の消化吸収を助けます。

その他の機能としては、外部から侵入する病原菌を撃退したり免疫力を高めたりなどの作用があります。

健康な人の体には腸に十分な善玉菌が存在しているとされている所以です。

善玉菌は悪玉菌を抑えることにより腸の運動や消化吸収を助け腐敗ガスの発生も抑制します。

一方の悪玉菌は、腸内の老廃物を腐敗させ、数々の有害物質を生み出して腸内を汚し、体の抵抗力が弱まると繁殖し様々な悪事を働きます。

代表的な菌は、ブドウ球菌、大腸菌、ウェルシュ菌などがあげられます。

とはいっても、悪玉菌にも存在に足る必要な働きはあるのですが、その過程や結果で体に良くない影響が出てしまうことの方が多いのです。

肉などの動物性タンパク質が腸に達するまでに消化、吸収しきれず残っていると、悪玉菌がそれを分解しにかかります。

この分解作用は腸内では腐敗と呼ばれ、その際にアンモニア、インドール、スカトール、硫化水素など悪臭を発するガスが生成され、これが臭いニオイの原因になります。

この一連の条件がそろえば、ニオイが臭くなるのは当然のことで、肉類を多く食べればおならの臭いに直結しますし、それを分解しようとする悪玉菌が増えることも、同じくオナラを臭くさせる元となるのです。

ちなみに、意外かもしれませんが、炭水化物が善玉菌の活躍により分解されて出るおならは、ニオイはほとんどしないのです。

腸内細菌は、通常は腸内で上手にバランスをとっていますが、悪玉菌だけが増加してしまうこともあり、それにはいろいろな原因があります。

たとえば、ストレスや疲労などにより腸の調子が悪くなると、悪玉菌が増えますし、便秘によって腸内にガスが多くなると、悪玉菌も増えさらに便秘を促進するという悪循環も起こります。

逆に、下痢を繰り返す過敏性大腸症候群などの病気の場合や、胃腸や肝臓、すい臓など内臓の病気によっても、悪玉菌が増えることになります。

また加齢による影響もあり、特に高齢者は腸の老化が進み悪玉菌が優勢なため便や放屁が臭い最大の原因となっています。

抗生物質とおならの関係

抗生物質を飲むとおなかの調子が悪くなる、そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?

おなかの中は腸内細菌のバランスが保たれていますがこの抗生物質の飲用でバランスがくずれる場合があるとされています。

抗生物質が一部の腸内細菌を殺してしまい細菌嚢のバランスが崩れてしまい通常では産生されないガスがさんせいされ普段とは違う臭いがする、臭く感じる場合はそのような可能性もあります。

そんな時は、なるべく普段の食生活へ早く戻り乳酸菌等の善玉菌を意識して摂取することをおすすめいたします。

おなら解消

このページの先頭へ