オナラと病気の関係

おならに困るビジネスマン

オナラが出るのは腸が元気な証拠とよく言われます。

しかし、普段よりも明らかに量や回数が多かったりニオイがきつかったりする場合は、その陰に病気が隠れているかもしれません。

放屁の量が増えるのは、腸内に過剰なガスがたまりすぎてしまうことですが、その原因として最初に考えられるのは便秘です。

疲労やストレス、栄養バランスの乱れやその他様々な理由で、腸内細菌のバランスは簡単に崩れやすく、崩れると便秘になりやすくなります。

また、便秘が続くと腸内に有毒なガスがたまり、悪玉菌が増殖するという悪循環に陥ります。

また便秘とは逆に下痢を頻繁に繰り返す過敏性大腸炎などによっても、腸内で悪玉菌が増えることがわかっています。

それ以外では、胃炎や腸炎、潰瘍など、胃腸に何らかの疾患がある場合も考えられます。

すい臓や肝臓、胆のうの病気がある可能性もあります。

意外なところでは尿路結石が影響している場合があり、結石で非常に痛い思いをした人が発症した時期を振り返ると、そういえばやたらと回数が多かったと思い当たることは少なくないようです。

また病気ではありませんが、牛乳を飲むとお腹を壊してしまう人がたまにいますが胃腸で牛乳を消化する機能が弱い牛乳不耐症が原因のケースもあります。

そういった人が牛乳や乳糖を摂取すると、腸内の悪玉菌が消化しきれない乳糖を分解して、多量にガスが発生してしまうそうです。

ガスが溜まった状態を鼓腸と呼ぶ

鼓腸(こちょう)という呼び名はあまり聞きなれない言葉ですが、この症状の定義は、「消化管内に大量のガスが溜まり、腸の腹膜が引き伸ばされた結果外見上腹部がふくらんで見える状態」を指します。

この鼓腸には下記2種類あります。

腹膜性鼓腸

胃腸管の潰瘍が進行することにより、胃腸管からガスが漏れ、ガスが腹腔内に滞留したりお腹の中のできもの、ガス性腹膜炎、検査や手術により人工的に腹腔に空気が入ったことが原因となるケース。

腸性鼓腸

神経症などにより空気を飲み込む量が増加したり、ガスの排出を妨げる炎症、ぜん動運動の低下、腸内ガスの発生の増加、腸内でガスが吸収されないことが原因となるケース。

2種類の鼓腸の比較

この2種類を比較すると、抱えている悩みの多くが、腸性鼓腸の症状に当てはまるのではないでしょうか。

この症状が、精神的な影響にまでなり、体調を悪化させ事態を悪化させている傾向があります。

ガスが溜まった時に排出できれば良い状態ですが無理に我慢することでこの状態は持続することになります。

オナラの量やニオイがいつもと違っていたら、いろいろな可能性を考えてみることをお勧めいたします。

大腸がんとオナラの関係

大腸がんの症状とおならは、実は密接な関係にあります。

悪性の腫瘍のことをガンとも呼びます。

がん細胞は通常の細胞に比べ成長が速く、がん細胞が血液中に流れることにより様々な臓器に転移して障害を起こします。

その悪性腫瘍が何故起こるかというとお腹にガスが溜まった状態は腸内環境を悪化させ悪玉菌が増殖しやすい状態になりニトロソ化合物などの発がん性物質を増やす可能性があります。

また、そのような悪い菌に反応した免役がマクロファージと呼ばれる免疫細胞を過剰に生成して酸化代謝が進み活性酸素と呼ばれる人体の細胞に有害な物質が増加する可能性もあります。

これらが、ガン細胞の増殖を引き起こし二次胆汁酸などのガンを誘発しやすい環境になることが悪性腫瘍を生みやすい環境を作るのです。

ガンにまで発展しなくても活性酸素が増えれば免疫細胞にも攻撃をしてしまうためIge抗体と呼ばれる外部からの侵入を排除する免疫細胞の増加を呼び過剰な免役反応を呼び起こしてしまうケースも心配されます。

これ等の反応は長期の経過をたどるものなので緊急性はありませんが早めに検査等を受けてリスクを取り除くことが大切です。

おなら解消

このページの先頭へ